私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

松本壯志 監修


  • 価格:1,630円(税抜)
  • 仕様:B5判128頁
  • 発行年月日:2019年2月25日
電子書籍

内容

必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築く50のポイント

 

★ 気持ちを理解し、愛を育む。

 

★ いつまでも仲よく、元気で暮らす飼い方・暮らし方のヒント!

 

★ 「ほめられるとウレシイ」「命令はキライ」
「家にはライバルがいっぱい」「思春期がある」
「好きな人には尽くす」「いつも自分を見てほしい」
「悪い言葉ほど覚える」

 

 

◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

 

インコはとても素敵な鳥です。
最近ではその素晴らしさが知れ渡り、
人気が上がってきました。
しかし、その飼い方を間違えてしまうと、
インコとの暮らしに問題が生じてきます。

 

私は事情があって飼えなくなったインコを引き取り、
理解ある里親さんを探す活動をサポートしています。
どんな事情があって飼えなくなるかといいますと、
大きく2つあります。

 

まず1つ目が「問題行動」です。
インコの問題行動は、「噛み付き」「無駄鳴き」
そして、自分の羽根を抜く「毛引き」などのことです。

 

なぜインコが問題行動を起こすのでしょうか?
それはインコが「愛情にあふれている」からです。
インコは飼い主のことを恋人あるいは伴侶と認識します。
いつも一緒にいたい、もっと仲良くしたい、
そう思う反面、満たされなければ、
さみしさを感じたり、嫉妬したり、
一人不安になったりします。
それが問題行動につながっていきます。
だからこそインコの気持ちを理解し、
インコの気持ちに寄り添ってあげることが大切なのです。

 

問題行動があって引き取ったインコたちは、
正しいトレーニングで、
とても良い子に戻ることができました。

 

そして飼えなくなる2つ目の理由ですが、
インコは長生きだということです。
約30gのセキセイインコですら、
最近は20年前後長生きしています。
ハトくらいの大きさのインコですと、40 ~50年。
100歳以上のインコも存在します。

 

つまりインコが長生きであることを
承知の上で飼わないと、自分が年老いた時や、
病気や海外転勤になった時、
手放さなくてはならなくなるのです。
でもそれはある意味、
「インコを飼う」という認識ではなく、
「家族と共に暮らし続ける」という視点に
立てばいいことでしょう。

 

インコの素晴らしさは、
飼ってみないとわからないでしょう。
そして、インコほど「愛にあふれている」
素敵な生き物はいないと私は思っています。

 

インコの飼い方に関する本は他書に譲るとして、
この本は飼い方よりもインコの気持ちを中心に書かれています。

 

もちろんインコではない私たちが、
インコの気持ちを正確に書くことはできませんが、
愛鳥家の皆さんからいただいた素敵な写真から、
インコの表情や感情を感じ取りながら
お読みいただけたらとても楽しいのではないかと思います。

 

皆様が末永く、素敵な愛鳥ライフが
過ごせることを心から願っています。

松本 壯志

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

 

☆1章 インコの気持ち
*1 インコはとても感情豊か
*2 インコと人間は対等な関係
*3 一度好きになるとトコトン好きに
・・・など全20項目
*インコギャラリー インコがいる楽しい生活

 

☆2章 よくある問題行動
*21 「行動→ほめる」のサイクル
*22 問題行動をとるようになったら
*23 問題行動をなくすには 噛み癖
・・・など全8項目

 

☆3章 インコのトレーニング
*29 トレーニングの心得
*30 トレーニングの基本
*31 ライバル意識を利用したトレーニング
・・・全3項目

 

☆4章 しぐさの意味
*32 こんなしぐさは、こんな意味
・・・全1項目

 

☆5章 こんな時には
*33 インコが発情している時
*34 オカメパニックになった時
*35 どうしても手放さなければならない時
・・・など全4項目

 

☆6章 インコと遊ぼう!
*37 性格に合わせて、おもちゃをそろえよう
*38 おもちゃを手作りしよう
*39 インコの遊び、いろいろ
・・・など全4項目

 

☆7章 事故を防ごう
*41 悲しい事故を減らすために
*42 室内は危険がいっぱい
*43 逃がしてしまった時にできること
・・・全3項目

 

☆8章 インコの健康
*44 元気のもとはバランスのよい食事
*45 野菜もしっかり与えよう
*46 インコは病気を隠す?!
・・・など全7項目

 

☆ 迎える時の心構え
☆ インコとの上手な暮らし方~飼い主からのアドバイス
☆ インコといい関係を築くコツ
☆ インコとのお別れの時には

 

 

◆◇◆ 監修者プロフィール ◆◇◆

 

松本壯志
1996年にコンパニオンバード用品専門店CAP!(キャップ)、
2000年にTSUBASA(ツバサ)を設立。
現在は認定NPO法人TUBASA、CAP!代表。
飼えなくなったインコやオウムなどを引き取り、
里親を探す活動をはじめ、
愛鳥家に向けたシンポジウムやセミナーなどを行う。

 

※ 本書は2013年発行の
『必ず知っておきたい インコのきもち 幸せな関係を築くために』
を元に加筆・修正を行った新版です。


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。