私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

テスト

 

今井初太郎 著


  • 価格:2,300円(税抜)
  • 仕様:A5判208頁
  • 発行年月日:2018年4月20日

内容

基本と実践で差がつく!外野手 最強バイブル

★ 一番わかりやすい!

★ プロ外野手として活躍し、現在も強豪チームを率いる指導者が教える!

★ テクニック上達の決定版!

★ キャッチング・送球の個人スキルから、状況判断やポジショニングまで!

★ 守りの砦として必要なポイントが満載!

◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

ひと昔まえの少年野球や草野球での外野は、
「守備がうまくない選手がつくポジション」というイメージでとらえられてきた。
しかし、メジャーリーグでプレーするイチロー選手や松井秀喜選手がスーパープレーを披露し、活躍する姿をうけ、
「外野手」のステータスは一気に上がった感がある。

外野手は、内野手以上に足の速さや肩の強さが求められる、
高い身体能力が条件となるポジションといえる。

「外野手」というポジションの奥深さを知り、
プレーヤーとしていかに成長できるかが上達のカギとなる。

本書は外野手としてプレーする選手たちに、
私がプロ野球選手として身につけたテクニックや考え方、指導者として培ったノウハウを解説している。
この本を手に取ったアマチュアの野球選手、指導者の一助となることを願ってやまない。

東北福祉大学硬式野球部
監督 大塚光二

◆◇◆ 本書について ◆◇◆

この本では、野球の外野手(ライト・センター・レフト)として活躍するための
テクニックや動き方、考え方、トレーニング等を解説している。
これから野球をはじめようとしている人はもちろん、
外野手としてレギュラーを目指す新入生、すでに外野手としてプレーしている選手でもスキルアップできる内容となっている。

外野を守るうえで必要な技術やフォームの注意点、上達するための考え方を解説しているので、
読み進めることで着実にレベルアップすることができる。
克服したいという苦手な項目があれば、そこだけをピックアップしてチェックすることも可能。
各ページには、紹介している「コツ」があげられている。

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆PART1 外野手として活躍できるコツ
*コツ01 外野手としてのタイプ・能力を把握する
*コツ02 強肩・俊足を生かして鉄壁な守りをつくる
・・・など全5項目
*COLUMN 機能性を重視してパンツを選ぶ

☆PART2 ライト・センター・レフトの役割と守備位置
*コツ06 ライト 強肩で相手を自由に走らせない
*コツ07 センター 広い守備範囲でチームの守りを強化する
・・・など全6項目
*COLUMN 深く大きなポケットで確実に捕る

☆PART3 外野手のゴロ・フライ捕球
*コツ12 できるだけ早く、正確に処理する
*コツ13 ヒザをついて打球を後ろに逸らさない
・・・など全10項目

☆PART4 レベルアップする外野守備
*コツ21 勢いのないフライをスライディングして捕球する
*コツ22 飛球の方向や角度にあわせて逆シングルで捕る
・・・など全8項目
*COLUMN 状況を頭に入れて果敢にプレーする

☆PART5 外野手のスローイング
*コツ29 送球プレーで試合の流れを変える
*コツ30 二塁ベースにいる内野手に正確に返す
・・・など全10項目
*COLUMN ツバを平らにして視野を広く保つ

☆PART6 外野手のポジショニング
*コツ34 すべての状況を頭に入れて守備位置を決める
*コツ35 三人が等間隔で立ちポジショニングする
・・・など全10項目

☆PART7 外野手のトレーニング
*コツ41 コンディショニングを通じて質の高い練習をする
*コツ42 体を切り返しても目線は安定させる
・・・など全13項目

著者について
大塚光二

育英高校から本格的に野球に取り組み、東北福祉大学に進学。
1989年ドラフト3位で西武ライオンズに入団し、1992年からはスーパーサブとして一軍に定着する。
外野守備・走塁のスペシャリストとして、レギュラーシーズンや日本シリーズで活躍した。
特に日本シリーズは1998年には当時の日本シリーズ記録となる6打席連続安打を記録。
シリーズ50打席以上の選手では歴代1位となる日本シリーズ通算打率.389をマークしている。
2001年の引退後は解説者や指導者として野球に携わり、2012年11月23日より日本ハム一軍外野守備走塁コーチをつとめる。
2015年からは母校・東北福祉大学硬式野球部の監督をつとめている。


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。