私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

柴﨑博子 監修


  • 価格:2,100円(税抜)
  • 仕様:B5判112頁
  • 発行年月日:2019年12月15日

オンラインストア

電子書籍

内容

水彩画「人物描写」上達のコツ ぬくもりと質感をリアルに表現

 

★ ポイントと順を追った制作過程で丁寧に解説します!

 

★ 美しく完成させるコツを凝縮して紹介。
* 衣服のしわ
* 服のあたたかみ
* 印象的なまなざし
* 逆光を表現する方法 …など

 

◆◇◆ 著者からのコメント ◆◇◆

 

水彩画と出会ってから、
私は他の画材とは違う難しさとともに、
描くたびに出会う新しい発見と
思わぬ効果にすっかり心を奪われてしまいました。
この新鮮な感覚は
今も私を魅了し続けています。

 

そして本書のテーマである水彩による人物画は、
追求すればするほど奥深く、
失敗と反省を繰り返しながらも、
やがて何ものにも替え難い楽しみとなって、
私の人生に「充実」という
花を添えてくれているように思えます。

 

人物画にチャレンジする意欲がある方は、
ある程度水彩画の描き方に馴染んでいると思います。
ただ、いざ人物を描こうと期待に胸を膨らませても、
何が良くないのか、
どうすればもっとうまく描けるか、
なかなか掴めないかもしれません。

 

本書では、私の体験をもとに、
日ごろ気づいた描く上での大切な工夫、
ポイントなどをしたためました。
皆様のお役に立つことができましたら幸いです。

 

柴﨑 博子

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

 

☆ 第1章
人物画を描くために必要な道具と基本技法
*1 デッサンに必要なもの
Point1 デッサン用具は使いやすく便利なものを揃えましょう
*2 彩色に必要なもの
Point2
透明水彩絵の具は専門家用の良質なものを選びましょう
Point3 筆は適度な腰があって、水に濡らすと筆先が真っ直ぐぴんと尖るものを選びましょう
*3 あると便利な道具
Point4
便利な道具を揃えましょう
*4 紙の大きさと構図の目安
Point5
紙の大きさと描く人物の体の範囲の目安を知りましょう
・・・など全6ポイント
* Column 1
人物画を描く際は、タイミング、スピードが大事

 

☆ 第2章
デッサンを描く
*1 はじめに描きやすい環境を整えましょう
Point7
画板の高さは、画面の中央あたりに鉛筆の先がくるようにしましょう
Point8 イーゼルの位置は、頭を動かさずに目の動きだけでモデルを見られるようにしましょう
Point9 人物のプロポーション(頭身・比率)や傾きなどを確認するために、はかり棒を使いましょう
*2 デッサンの流れをおさえましょう
Point10
全体の流れをおさえて、スムーズにデッサンを完成させましょう
*3 顔の細部の描き方のコツをおさえましょう
Point11
標準的な顔のプロポーションをおさえればモデルの特徴をつかみやすくなります
・・・など全15ポイント
*Column 2
デッサンのコツ

 

☆ 第3章
彩色のコツ
*1 肌と陰影の表現
Point22
肌の色は、色の組み合わせでモデルの肌に合った色を作りましょう
Point23 肌のベース色にウェットインウェットで陰影色を入れましょう
Point24 ベース色の重ね塗りは彩度が上がってしまうため避けましょう
Point25 柄のある衣装などの陰影を描く時には3色混合のグレーがおすすめです
Point26 髪や目を描く時は2色混合のグレーがおすすめです
・・・など全16


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。