私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

お問い合わせはこちら

「令和6年能登半島地震」により被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
余震や寒さなど、予断を許さない状況が続いておりますが、皆様が一日も早く安全を取り戻すこと、
ならびに被災地の復興を祈念しております。

 

大前益視 監修


  • 価格:1,694円
  • 仕様:A5判128頁
  • 発行年月日:2023年4月15日
電子書籍

内容

動画で差がつく!小学生の野球 最強のポイント55

★ 世界選手権優勝チームの監督が
教える上達のコツで実力アップ!
*勝つための『守備・投球』
*体で覚える『打撃・走塁』
*点を防ぐ取る『実践テク』

 

 

◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

 

この本では、「攻撃」よりも先に「守備」を取り上げています。
それは守備が上達すればいかにチームを強くなるかを
みなさんに知ってほしいと思ったからです。

 

小学生チームにおいて失点の多くは、
守備のミスに原因があります。
また、守備に打撃のように好不調の波がなく、
しかも一度覚えた技術は決して忘れません。
守備は練習すればするほど、必ずうまくなります。
そして一人ひとりの守備力の向上は、
そのままチーム力のアップになるのです。

 

もちろん、打撃のコツが先に知りたい人は、
第2章から読み進めてください。
また、第3章では、基本技術を試合でどう生かせば
勝てるようになるかたくさんの実例を
わかりやすく解説しています。

 

さらに動画を見れば、本では紹介しきれない
細かい動きやタイミングのとり方まで
研究することができるでしょう。

 

うまくなるためになにより大事なのは、< br>野球を楽しむことです。

 

一つのボールを追いかけながら、みんなで一点を守る。
みんなで一点を取る。
それがチームスポーツの面白さです。
みなさんもぜひ野球を大好きになって
心から楽しみながらうまくなってください。

 

むさし府中リトルリーグ元監督
大前 益視

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

 

☆第1章 守備・投球編
守備の基本はキャッチボールにある!
≪守備≫
* 一歩目の出足
投球動作に合わせて『低い体勢で前に』出よう
* 正面の内野ゴロ
腰をしっかり落として『グラブを正面に』向けよう
* シングルキャッチ
体全体を沈めながら『低い体勢』で捕りにいこう
≪投球≫
* 体の軸を作る
片足で『まっすぐに立ち』お尻から動き出そう
* 踏み込み
プレートに対して『直角に』足を踏み込もう
* テイクバック
トップで『肘を直角に』して正面を向いてから
腕を振ろう
・・・など

 

☆第2章 打撃・走塁編
≪打撃≫
* 「壁」を作る
肩と腰のラインに『壁を作り』体の軸を安定させよう
* 目の高さ
『目の高さ』を変えずにボールを芯でとらえよう
* グリップエンドの動き
バットを振り出すときに『グリップを打点へ』
向けよう
≪走塁≫
* スタートダッシュ
腰を低く落として強く『左足を蹴り出そう』
* ベースの回り方
スピードを落とさず『体を倒して』ベースを回ろう
* 一つ先の塁を狙う
たとえシングルヒットでも『二塁を狙う姿勢』を
見せよう
・・・など

 

☆第3章 実戦編
『失点を防ぐ&点を取る』技術を磨く

≪実践守備≫
* ダブルプレー
ボールを『見ながら』ショートにトスしよう
* 内野のバックホーム
キャッチャーの『膝元へ』正確にコントロールしよう
* 外野のバックホーム
『足の外側』で捕球して素早くバックホームしよう
≪実践攻撃≫
* ヒットエンドラン
高めのボール球でもたたきつけて『ゴロを打とう』
* 送りバント
一塁ランナーは打球が『転がってから』走り出そう
* 進塁打
狙い球を絞って『右方向へ』打球を転がそう
・・・など

 

※ 本書は2018年発行の
『DVDで差がつく! 小学生の野球 最強のポイント55』
の動画の視聴方法を変更し、本文の加筆・修正を行い、
書名を変更して発行したものです。


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。