私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

浦長瀬 昌宏 著


  • 定価:1,848円
  • 仕様:A5判144頁
  • 発行年月日:2020年11月15日
電子書籍

内容

のどを鍛えて誤嚥性肺炎を防ぐ! 嚥下トレーニング 1日5分で「飲み込み力」に差がつく!

 

★ あなたの「飲みこみ力」、今のままで大丈夫

 

 

★ まだ間に合う!
「飲みこみ力」に合わせた
予防のためのトレーニングを
わかりやすく図解します!

 

 

★ 「飲みこむ動作」を覚えて
「ごっくん筋」を鍛える

 

 

 

◆◇◆ 著者からのコメント ◆◇◆

 

嚥下障害は、すべての人に確実に近づいています。
しかし、それを防ぐ方法は、
まだ確立されていません。

 

超高齢化時代を迎える日本では、
嚥下障害をどう防ぐかがより重要な課題です。
しかし、いま、嚥下障害の予防訓練と呼ばれているものの多くは、
既存の嚥下障害のリハビリをそのまま転用したものです。

 

耳鼻科医として、このような状況を
すこしでも改善させたいと考えています。

 

声を出したり、額を押したりすることでは
物足りないみなさまにとって
この本が役に立てば幸いです。

 

一般社団法人 嚥下トレーニング協会代表
耳鼻咽喉科専門医
浦長瀬 昌宏

 

 

◆◇◆ 本書について ◆◇◆

 

飲みこみ力が弱くなると、
さまざまな問題が起こります。
その代表が「誤嚥性肺炎」です。
この病気は食べものや唾液が、
細菌とともに誤って気管に
入りこむことによって発症します。
また、死亡事故としてはもっとも多い
「窒息事故」も飲みこみ力の低下が原因です。

 

そして、もっともつらいのが楽しい食事も
できなくなること。
好きなものを食べられず、
食欲や生活全体への意欲も
わかなくなってしまいます。
これらを防ぐためには、
元気なうちからトレーニングをし、
飲みこみ力を落とさないようにすることが必要です。

 

今まだ健康に暮らしているみなさまに必要なのは、
飲みこむ動作を理解して、
飲みこみ方そのものを練習するトレーニングです。
一日約700回飲みこんでいるにもかかわらず、
ほとんどの人がその動作をわかっていないのです。

 

運動の原理から考えれば、
のどぼとけをしっかりと動かす訓練をすれば、
効果的に飲みこみ力を高めることができます。

 

この本を読んで、ぜひ、
本当の飲みこみ力をつけてください。

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

 

☆ 第1章
「飲みこみ力」はだれでも衰える
≪「飲みこみ力」とは≫
生きるために絶対必要な「飲みこみ力」
≪「飲みこみ力」が弱くなると≫
誤嚥性肺炎、窒息、認知症…命にかかわる病気になる
≪嚥下障害とは≫
「飲みこみ力」が弱くなりきった状態
≪嚥下障害の治療は難しい≫
老化で嚥下障害になるともう手遅れ
≪激増する嚥下障害≫
現実を直視して、必要な対策を
・・・など

 

☆ 第2章
あなたの「飲み込み力」、今のままで大丈夫

≪「飲みこみ力」セルフチェック1≫
「飲みこみ力」の低下がわかる10大症状
≪「飲みこみ力」セルフチェック2≫
「飲みこみ力」の低下がわかる10のからだのチェック
* 30秒間で6回以上飲みこむことができる
* のどぼとけが上に動くことがわかる
* のどぼとけを上げたまま止められる
* 舌をしっかりと動かすことができる
* 咽頭反射をうまく起こすことができる
・・・など

 

☆ 第3章
「飲みこみ力」を鍛えるトレーニング

≪嚥下トレーニングとは≫
飲みこむ動作を覚えて、ごっくん筋を鍛える
≪嚥下トレーニング≫
* 飲みこみ方を覚えるトレーニング
* ごっくん筋を鍛えるトレーニング
* 舌を鍛えるトレーニング
* 嚥下トレーニングの組み合わせ方
・・・など

 

☆ 第4章
「飲みこみ力」トレーニングの効果を上げるために

≪嚥下障害を予防する対策が必要≫
「飲みこみ力」が弱りきる前に始める
≪嚥下体操≫
食べる前の準備体操
≪プラスしたいトレーニング≫
* 姿勢をよくするトレーニング
* 呼吸のトレーニング
≪口腔ケアをしよう≫
口の中をきれいにする
≪唾液の分泌しやすくしよう≫
唾液は食事の潤滑油
・・・など

 

※ 本書は2015年発行の、
『健康長寿「飲み込み力」で決まる! 100歳まで「食」を楽しむための嚥下トレーニング』
を元に、加筆・再編集を行った増補改訂版です。


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。