私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

清水せい子 監修


  • 価格:1,793円
  • 仕様:A5判128頁
  • 発行年月日:2019年8月30日
電子書籍

内容

DVDではじめる フラ 上達のポイント50 新版

像と一緒に実際に踊れる!

基本ステップのコツから表現のテクニックまでわかりやすく解説!

 

*** はじめに ***

笑顔を忘れず気持ちをリラックスさせて豊かな心でフラを楽しみましょう

 

私はハワイに留学した経験があり、
そこでフラを見たことをきっかけでフラを始めました。

 

フラはもともと王族の式典などで踊られていたものであり、
民族的な背景があるのが魅力のひとつだと思います。
踊れば踊るほど、その背景を知りたくなります。

 

ハワイの人々がフラをとても大切にしているのも、
こうしたバックグラウンドがあるからです。
そのため、自分ではフラを踊らない人でも、クムフラ(フラの先生)やミュージシャンには尊敬の念を抱いています。
言ってみれば、フラは日本の歌舞伎のような存在なのです。

 

フラの大きな特徴に、どんな時でも笑顔で踊るということがあります。
初心者のうちは、意識して笑顔を作ることはなかなか難しいのですが、
鏡の前で練習を続けるうちに、誰もがとてもいい笑顔になっていきます。
日頃の生活でも笑顔を忘れず、気持ちをリラックスさせることで、
ハワイの人がとても大切にしている「アロハ(愛、調和)」の心を実感することができるようになります。

 

フラは適度な運動であり、
どんな年齢からでも始めるのに遅すぎるということはありません。
自分ができる範囲で体を動かし、
マイペースで楽しみましょう。

 

基本的にグループでひとつの同じ踊りをするので、
メンバーとの一体感が生まれるのが楽しく、
フラを愛する気持ちを共有することができます。

 

忙しい日常生活を忘れ、フラを通じてアロハの心に触れることで、
あなたの人生をぜひ実り多い、豊かなものにしてください。

 

監修 清水せい子
(「ハラウ・オ・ナプア・アラ・オナオナ」代表)

 

******
目次
******

▶ 基本のステップとハンドモーション
ストレッチで体をほぐしましょう

◎ コツ1
手首を伸ばす時にひじは曲げない
◎ コツ2
アキレス腱は息を吐きながら伸ばす
◎ コツ3
無理せずできる範囲でゆっくりと
フラの基本の姿勢
◎ コツ4
上体は常にまっすぐに
ステップを練習しましょう(全5項目)
◎ コツ5
ステップにつられて体を動かさない
◎ コツ6
前に出た足のつま先は床につける
◎ コツ7
かかとを上げる時ひざは前へ
・・・他2項目

 

ハンドモーションを練習しましょう
▶ 初級―1 Hanalei Moon

(全7項目)
◎ コツ10
手の動きを目で追いましょう
◎ コツ11
波の表現は指先を使いましょう
◎ コツ12
ハンドモーションは4拍がひとつの単位
・・・他4項目

 

▶ 初級―2 He ui
(全7項目)
◎ コツ17
「太陽」を作る位置に注意しましょう
◎ コツ18
「花」の表現を工夫しましょう
◎ コツ19
ステップの切り替えをなめらかに
・・・他4項目

 

▶ 中級 Nohili E
(全12項目)
◎ コツ24
視線を細かく使い分けましょう
◎ コツ25
腕をやわらかく使いましょう
◎ コツ26
腕の動きに体がつられないように
・・・他9項目

 

▶ 中上級 Waikiki
(全15項目)
◎ コツ36
オープニングの印象を意識しましょう
◎ コツ37
腕は曲げずにふんわりと
◎ コツ38
腕をのびのびと動かしましょう
・・・他12項目

 

フラQ&A

 

 

◆◇◆ この本とDVDの使い方 ◆◇◆

この本は、本文の内容を映像で確認できるDVDがセットになっています。
両方を利用しながら、楽しくフラを学んでいきましょう。

 

この本とDVDでは、
一部を除き動作をわかりやすくするために左右を逆に撮影しています。
鏡に向かい合うように正対して、同じ側の腕を動かして練習しましょう。

※この書籍は2016年発行の「DVDではじめる フラ 上達のポイント50」の新版です。

 

 

監修;清水 せい子

神奈川県出身。
ハワイ島ヒロのハラウ(フラスクール)Johnny Lum Ho率いるHalau O Ka Ua Kani Lehuaの元で修業を積み、
2002年よりハワイのスクールの姉妹校を東京に開校。
現在は東京のほか、湘南支部、熊本支部を展開させ、
ポリネシアンダンススクール「ハラウ・オ・ナプア・アラ・オナオナ(香り高い花々達のスクール)」代表として
現役で指導をしながらスクール運営に携わっている。
フラ、タヒチアンを軸とした各メディアへのダンスの振付けやCM振付、ダンス指導、所属ダンサーのメディア向け演技指導も行っている。