私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

土屋恵三郎 監修


  • 価格:1,580円(税抜)
  • 仕様:A5判144頁
  • 発行年月日:2020年12月25日
電子書籍

内容

基本から応用まで身につく!キャッチャー 最強バイブル 新版

 

★ 一番わかりやすい !
高校野球の最前線で活躍し、
数多くのプロ野球選手を育ててきた名将がおくる、
「 キャッチャー育成 」の決定版 !

 

★ 捕球・送球の個人技術から
司令塔としての役割のリード & 配球まで !
チームの柱として必要なポイントが満載 !

 

☆ ~ ☆ はじめに ☆ ~ ☆
監修 土屋 恵三郎(つちや けいざぶろう)

試合では「投手が大事」といわれる通り、
能力のあるピッチャーが最高の状態で投げることができれば、
どんなキャッチャーが受けても試合結果は大きく変わることはない。
しかし能力がそれほどでない、あるいは調子の悪いピッチャーが登板すれば、
「捕手のリード」によって試合をつくり、
ピッチャーとの共同作業によりチームの守備を
先導していくことが求められる。

・・・ ・・・

本書では私自身がこれまでキャッチャーとして経験してきた
少年、中学、高校、大学、社会人野球を通じての技術的をはじめ、
監督として多くの一流キャッチャーの育成に携わった指導法を紹介している。

 

この本を読んでキャッチャーとして上達したいみなさんも、
自分の特徴を理解したうえでぜひ取り組んでもらいたい。

 

 

◆ この本の使い方 ◆

この本では、キャッチャーの技術を上達するための
テクニックや練習法を紹介。
基本的な技術から試合で使える応用技術、
日ごろから実践できる練習まで、
さまざまな種類を順序良く身につけることでレベルアップができる。
また野球選手として必要な技術や体力・筋力な要素に加え、
チームの信頼を受ける「キャッチャー」になるための考え方を
プロやアマを問わず多くの選手を指導してきた監修者がアドバイスしている。

 

最初から読み進めることが理想だが、
「ここが気になる」「どうしてもマスターしたい」というテクニックがあれば、
そこだけをピックアップすることもできる。
各項目にテクニックをマスターするためのコツと、
ポイントをあげているので参考にして取り組んでみよう。

 

* タイトル
テクニックの名前や身につけられる技術が一目でわかり、
動作する上でのポイントを理解することができる。

 

* 説明文
テクニックについての知識や体・ボールの動かし方などを説明。
しっかり頭で整理し、練習に取り組みことでレベルアップできる。

 

* ポイント
テクニックの動作をすばやく理解し、
マスターするためのポイントを写真で紹介。
悪い例もチェックしながら正しいフォームをつくる。

 

* プラスワンアドバイス
マスターすることで可能となるプレーや
試合で使うと効果的な場面などを解説。
目的を持って習得に取り組むことができる。

 

 

★ ★ ★ contents ★ ★ ★

* PART1 キャッチャー(捕手)の考え方( 4項目 )
●コツ01 チームメイトに信頼されるキャッチャーになる
●コツ02「明るさ」「元気」でチームを引っ張る
●コツ03 チームを守備で引っ張り、失点を防ぐ
●コツ04 人間性に優れた選手が担う

 

*PART2 キャッチャーの捕球技術 ( 14項目 )
●コツ05 フットワークを使って捕球に入る
●コツ06 的を大きく見せてミットを構える
●コツ07 レガースを地面につけ低く構える
●コツ08 尻をあげて腰高に構える
●コツ09 投球を点でとらえてキャッチする
・・・ ・・・
コラム 正しい「野球用語」で指示する

 

*PART3 キャッチャーの送球技術 ( 8項目 )
●コツ19 捕ってからすばやく送球する
●コツ20 自分にあったトップをみつける
●コツ21 正確に捕球してすばやくトップをつくる
●コツ22 軸足を動かさずに送球する
●コツ23 ベースに向かって足を踏み込む
・・・ ・・・
コラム 防具を身に着けてプレーすることに慣れる

 

*PART4 司令塔の役割とチーム戦術 ( 11項目 )
●コツ27 「扇の要」として守備を統括する
●コツ28 可能性の低いプレーでも手を抜かず備える
●コツ29 次のプレーを予測してベースに入る
●コツ30 けん制球を使って相手を探る
●コツ31 野手との連携でランナーをアウトにとる
・・・ ・・・
コラム ピンチの場面で考え方やイメージを変える

 

*PART5 キャッチャーの配球術 ( 16項目 )
●コツ38 頭を使ったリードでピッチャーを導く
●コツ39 外側のボールをリードの軸にする
●コツ40 バッターのステップを観察する
●コツ41 ボールから入りバッターの打ち気を誘う
●コツ42 目線を変えて力勝負に挑む
・・・ ・・・

*PART6 キャッチャーのトレーニング ( 20項目 )
●コツ54 股関節まわりの筋肉を鍛える
●コツ55 良い音でボールを捕球する
●コツ56 ミットと体を使ってボールを止める
●コツ57 「追いタッチ」になるよう腕を動かす
●コツ58 距離を保ってキャッチボールする

*PART7 キャッチャーの準備 ( 12項目 )
●コツ74 心技体でキャッチャーの準備をする
●コツ75 バッテリーでコミュニケーションを密にする
●コツ76 ピッチャーを全力で引き立てる
●コツ77 明るく元気にチームを引っ張る
●コツ78 持っている能力に関係なく努力する

 

※ 本書は、2017年発行の『基本から応用まで身につく! キャッチャー 最強バイブル』の新版です。


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。