私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

サーフレジェンド 監修


  • 価格:1,720円(税抜)
  • 仕様:A5判128頁
電子書籍

内容

マリンスポーツのための 海の気象がわかる本 知っておきたい55の知識

 

★ サーフィン/カヌー/ウィンドサーフィン/SUP/スキューバダイビング/釣り/ボート/ヨット

 

★ もっと楽しく安全に!

 

★ 『知識ゼロ』でもよくわかる。

 

★ 一生役立つ『海の気象知識』を『徹底図解』

 

* 気象のしくみの基本
* シーズンごとの天気図の特徴
* 押さえておきたい潮と海の危険性 …など

 

◆◇◆ 本書について ◆◇◆

 

楽しく安全にマリンスポーツをするために
気象・海象の知識を覚えよう!

 

周囲を海に囲まれた日本では、昔から海の
レジャーが楽しまれていました。
日本で初めて海水浴場が開かれたのは、
陸軍初代軍医総監の松本良順による
神奈川県大磯海岸で、明治5年となっており、
比較的に新しいです。

 

今では、五輪種目になっている
「セーリング」「サーフィン」「オープンウォータースイミング」や「ダイビング」「マリンジェット」「ウェイクボード」「水上スキー」などの
多くのマリンスポーツが楽しまれており、
私たちは自然の恵みを恩恵しています。

 

一方で、自然には危険が潜んでいます。
気象・海象の知識があれば防げているものもあります。
知識不足によって起きている事故があります。

 

楽しく・安全にマリンレジャーができるように、
是非気象・海象の知識を
身につけていただければと思います。

 

本書は、マリンスポーツを安全に楽しく行うために
覚えておきたい、気象の基礎知識を紹介しています。
天気の知識から始まり、風と波の知識、
季節ごとの天気の特徴、その他、
海の危険や様々な気象現象などを、
図解を用いて分かりやすくまとめました。

 

気象・海象の知識を読み深めていただいてから
競技に臨みましょう。

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

 

☆1章天気の知識と天気図
*01大気とは
天気は大気を理解することから始めよう
*02気圧とは
気圧の差が大気の流れを作る
*03等圧線とは
気圧が同じところを結んだ線を等圧線という
・・・など全13項目

 

☆2章風と波の知識
*14海上の風
水蒸気を含んでいて、真っすぐ長く吹く
*15陸上の風
地形や人工物など様々な影響を受ける
*16地形や河の影響
河口付近や谷間のある海岸線は風が強い
・・・など全12項目

 

☆3章四季とマリンスポーツ
*26春の天気図
「春に3日の晴れなし」で周期的に変化する
*27春のマリンスポーツ
サーフィンやヨットには適した時期
*28春一番とマリンスポーツ
春一番が吹いた後の海上は荒れる
・・・など全12項目

 

☆ 4章潮と海の危険
*38干潮と満潮
月の引力によって海面が引き寄せられる
*39湾の潮の満ち引き
潮の流れが急流や渦を生むことがある
*40離岸流
海水浴や釣りの大きな事故原因になる
・・・など全7項目

 

☆5章様々な気象現象
*45台風
台風は「大きさ」と「強さ」で測る
*46可航半円と危険半円
台風の速度によって左右の風速が変わる
*47土用波
南方の台風によるうねりが日本に到達する
・・・など全11項目

 

☆巻末資料天気図の見方
*台風の進路予想図の見方
*降水確率の見方
*週間予報
*季節予報
*波の高さ
・・・全5項目

 

☆COLUMN
*雷の基礎知識1落雷の3要素
*雷の基礎知識2落雷と逆さ雷
*雷の基礎知識3雷が梅雨明けの合図
*台風の名前台風は各国が提案した固有名称
・・・全4項目

 

◆◇◆ 監修・解説者プロフィール ◆◇◆

 

【監修】株式会社サーフレジェンド
気象庁予報業務許可第70号取得
*波浪予測システムの独自研究開発
・海洋気象コンサルティング
*サーファー向け波情報・気象情報サービス「波伝説」の運営
*海専門の気象情報サービス「マリンウェザー海快晴」の運営

 

【解説】唐澤 敏哉
気象予報士
防災士
株式会社サーフレジェンドに気象予報士として勤務。
気象予報士を取得したきっかけは、
元々気象が好きだったのと、
良い波を当てるため。
休日のみならず勤務の休憩時間にも
サーフィン・ランニングを楽しむ。


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。