私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

大島 健夫 著


  • 定価:1,870円
  • 仕様:B6判168頁
  • 発行年月日:2021年5月25日
電子書籍

内容

希少生物のきもち>

 

詩人・大島健夫氏の「外来生物のきもち」に続く第二弾「希少生物のきもち」です!

 

大島健夫氏は2016年、
ポエトリー・スラム・ジャパン2016の
全国大会に出場し優勝。

 

その後フランスのパリをはじめ
ベルギー、イスラエル、カナダの詩祭や
ポエトリー・スラムなどに出場している詩人です。

 

詩人であるいっぽう、
子どものころから生きものが大好きで、
房総半島の里山を中心に
時間を見つけては生きものの観察をしています。
そしてときにはネイチャーガイドとして
里山の生きものの魅力を
訪れる人々に伝えています。

 

そんな大島氏がその希少生物のきもちを
コウノトリがインタビュアーとなって
希少生物同士の対談形式で話を進めます。

 

なぜ数が減って希少生物になってしまったのか。
希少生物に未来はあるのか。
乱獲、河川改修、耕作放棄、外来生物の影響などなど、
コウノトリがインタビュアーとなって
ゲンゴロウとタガメの対談、
サシバとトノサマガエルの対談、
キンランとエビネの対談など18対談、
36種の希少種が登場し、
希少種になった原因を語ります。

 

 

そして本書を通して
その希少生物の生態にも詳しくなり
もっともっと生物に興味が湧いてくることと思います。

 

 

大島氏は「あとがき」で
「なぜ、外来生物がやってきたか。
なぜ、希少生物がいなくなってゆくのか。
それは、私たちと無関係に起こっている現象ではなく、
結局のところ、私たち人間によって起こった、
人間の問題でもあります。
遠い国からいきものがやってきたり、
昔からいるいきものが消えていくことに対して、
関係のない人間はひとりもいないのです。
私たち人間が、人間の幸せを追い求めて
暮らしていくことそれ自体が、
いきものの世界に大きな影響を与え、
そしてそれは、様々な形で人間のところに返ってきます。」
と書いているように
希少生物を通して人間の世界が滅びてしまうことへの
警鐘を鳴らしているのです。

 

収録されている外来生物は次の通りです。

・ ゲンゴロウ×タガメ
・ ガムシ×ミズスマシ
・ メダカ×マルタニシ
・ ニホンイシガメ×アカウミガメ
・ ニホンウナギ×ドジョウ
・ サシバ×トノサマガエル
・ イヌワシ×ヨタカ
・ スズメ×アキアカネ
・ カワラハンミョウ×オオルリハムシ
・ オオムラサキ×ギンイチモンジセセリ
・ オオサンショウウオ×アカハライモリ
・ キンラン×エビネ
・ タコノアシ×モートンイトトンボ
・ ニホンザル×ニホンリス
・ ジュゴン×トビハゼ
・ シャジクモ×イチョウウキゴケ
・ ニホンザリガニ×カブトガニ
・ コウノトリ×トキ


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。