私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

「令和元年台風19号」により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されますよう、心よりお祈りしております。

 

作曲

CDつき いちばんやさしい 「プロファイル式」作曲入門 鼻歌からメロディをカタチにする!

11月 11th, 2019 Posted in ホーム最新刊, 趣味・実用, 趣味実用 | CDつき いちばんやさしい 「プロファイル式」作曲入門 鼻歌からメロディをカタチにする! はコメントを受け付けていません。

 

★ 思いついた鼻歌は…
・・・鼻歌をプロファイルしていけば、
初心者でも1曲まるっと作れる。

 

★ 音楽理論がわからなくても大丈夫!

 

★ 作曲のプロが、
必要な知識を必要なだけ
集めてムリなく伝授。

 

★ テンポはどのくらい… 

 

★ 音が跳ねてる?跳ねていないか… 

 

★ どのあたりを肉付けするか… 

 

 

◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

 

ふとした時にメロディが浮んで、
鼻歌を奏でたという経験はないでしょうか…
自転車に乗っている時、
湯船に浸かっている時、
はたまた勉強中や仕事中など。
そしてそのとき、皆こう思うのです
「自分は天才か?」と。

 

しかしながら、問題はそこからです。
音楽ができる便利なお友達がいれば
楽譜に直してもらえるでしょうし、
スマホの達人ならばボイスメモで残すでしょう。

 

さて……そこからどうしますか…

 

「メロディが浮んだ」、
「鼻歌ができた」…で、
どうしたらいいのか…
本書ではこの最初にして最大の謎を解き明かしていきます。

 

「鼻歌」「メロディ&モチーフ」
「コード」「コード展開」「曲の仕上げ方」
という作曲の入口における必要な各要素を
プロファイル(分析)し、ひとつの曲として
完成させる手法を学んでいきます。

 

本書は音楽知識ゼロでも大丈夫。
楽器を触ったこともない、
楽譜なんか読めない、ましてや作曲なんてしたことない
という方々のための作曲入門書です。
楽譜は視覚的に理解をするために用意をしましたが、
読める必要はありません。
専門用語も極力削いで、
必要な物を必要なだけ用意してありますから、
初めてでも心配しないで、
ぜひトライしてみてください。

 

最後に、「好きこそ物の上手なれ」。
結局大事なのはこういうことだと思っています。
私にとって音楽は仕事なので、
嫌なこともありますし、
苦しいこともあります。
それでも継続しているのは、音楽が好き、
そして曲を作ることが何よりも好きだからです。
本書を手に取っていただいた皆さんは、
やはり同じように音楽が好きで、
興味を持っている方々だと思います。
その想いを持ち続ければ、
必ず曲は作れます。
そして、皆さんの「自分の曲を作る」ことに
少しでもお力添えができれば幸いです。

 

折笠雅美

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

 

☆ 第1章
マイメロディ「鼻歌」をプロファイルする
*1 どれくらいのテンポ(スピード)なのか…
メロディのスピードを統一しよう
*2 メロディの頭がどこなのか… 
メロディが持つリズムを探ろう
・・・など全7項目

 

☆ 第2章
メロディ・モチーフの「ボディ・バランス」をプロファイルする
*1 鼻歌のボディ・バランスをチェックする

メロディをパーツに分けて分析しよう
*2 音を刻んでつなげる& 仮歌詞でリズムに変化をもたらそう
・・・など全7項目

 

☆ 第3章
コードをプロファイルする
*1 コードなんて怖くない

基礎の基礎だけおさえよう
*2 そもそもキーって何…
キーの仕組みとルールを理解しよう
・・・など全8項目

 

☆ 第4章
コード展開をプロファイルする
*1 J-POP 王道進行(カノン進行)
*2 洋楽王道進行[ C→G→Am→ F ]

・・・など全9項目

 

☆ 第5章
曲としての仕上げをプロファイルする
*1 A メロ、B メロ、サビ

その役割を理解しよう
*2 魔力を持つDメロの存在
最後のサビをさらに盛り上げよう
・・・など全10項目

 

 

◆◇◆ 監修者プロフィール ◆◇◆

 

折笠雅美(おりかさ まさみ)
中学校から吹奏楽部でホルンを始めたのがきっかけで
武蔵野音楽大学教育学部に入学。
在学中にバンド活動に目覚め中退、
キーボーディストとしてライブに励む。
数年の後、ローランドミュージックスクール渋谷校で
DTM 等の講師として赴任する。
その後、バンド「シラカワ夜フネ」で、
ビクターよりメジャーデビュー。
全国ツアーなど積極的に活動を続ける傍ら、
作曲や編曲の仕事にも携わる。
現在は、日本歌手協会の委託アレンジャーとして活動。
その他にも、大場久美子や伊藤咲子等の
音楽サポートをはじめ、
多くのアレンジを手がける。
近年では自身の楽曲が
乃木坂46 のアルバムに採用される等、
アイドルへの楽曲提供でも評価がある。