私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

切り絵

平石智美の「華色切り絵」12か月 四季を彩る美しいカラー切り絵 

7月 1st, 2021 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, ホーム最新刊, 趣味・実用, 趣味実用 | 平石智美の「華色切り絵」12か月 四季を彩る美しいカラー切り絵  はコメントを受け付けていません

平石智美の「華色切り絵」12か月 四季を彩る美しいカラー切り絵

★ 四季折々の風景や歳時を
華やかな切り絵で自在に表現!

★ 気もちを伝えるカードに、
イベントに合わせて額に飾って、
ときめく図案全65!

◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

季節というのは美しいものです。
私は切り絵を始めてから、季節の移ろいに、
より興味を持つようになりました。
日本の伝統行事や、
そのモチーフに込められた意味。
季節の花々。
知れば知るほど心も豊かになる気がします。
季節を楽しむことは、
生きるのを楽しむことなのです。

日本には四季があり、古くから季節のものを
描いたり飾ることで愛でてきました。
季節によって部屋の絵を掛け替えたり、
季節の花を生けたり、
着物の柄で季節を楽しんだり。
現代よりも自然が身近だった頃の人々の
感性から生まれたものを、今もこうして受け継いで
大切にしているのは素敵なことだと思います。

12ヶ月の華色切り絵と題して、
12ヶ月それぞれの、行事、花や風景など、
どれも現代の日本に馴染みのあるモチーフで
図案をデザインしました。

季節の切り絵を作りながら、
季節を実感していく。
切り絵作家になってからの毎日は、
いつも作品の中の季節と共にありました。

皆さんもぜひ、一切り一切り、
季節を楽しむ気持ちで
切り絵をしてみてください。
きっと目の前の季節が愛しくなって、
日常がよりカラフルになるはずです。

平石智美

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

◎ 道具と作り方
* 基本の道具
* 切る工程に使う道具
* 色を貼る工程に使う道具
* あると便利な道具
* これらも身近に置いておこう
* 紙に色をつける道具
* 色つけ用の紙
・・・など

≪図案と作り方≫
☆ 1月

* 迎春の鏡餅
* 羽ばたく鶴
☆ 2月
* 鬼は外福は内
* 雪の山並み
☆ 3月
* お雛様
* 卒業の日に
☆ 4月
* 桜と姫路城
* 菜の花と朧月
☆ 5月
* 兜
* 花菖蒲
☆ 6月
* 紫陽花と和傘
* 父の机
☆ 7月
* 七夕
* 朝顔の鉢
☆ 8月
* 夏休み
* 線香花火
☆ 10月
* コスモス畑とキツネ
* 秋刀魚の塩焼き
☆ 11月
* 紅葉の山寺
* ワインと葡萄
☆ 12月
* 暖炉の前で
* クリスマスローズ
・・・など

はじめての「白い切り絵」 華やかさと繊細さを楽しむ 美しいカラー切り絵

3月 31st, 2019 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, 趣味・実用, 趣味実用 | はじめての「白い切り絵」 華やかさと繊細さを楽しむ 美しいカラー切り絵 はコメントを受け付けていません

はじめての「白い切り絵」 華やかさと繊細さを楽しむ 美しいカラー切り絵

★ 白をベースに色を加えたあたらしいスタイルで作る
大人かわいい切り絵60

★ 立体感を楽しめる重ね切り絵
あえて白のみのレース風文様
多彩なバリエーションが1冊に!

◆◇◆ 著者からのコメント ◆◇◆

切り絵というと、「黒い紙で作る」イメージが
強いのではないでしょうか。
私も実際は作家として長いこと黒い紙での
切り絵を作ってきました。
白い紙を切るようになったのは、
ここ数年のこと。
ふとした「ひらめき」からでした。

黒い切り絵では、黒の線は自分が主役と、
強く主張しています。
それが、白になることで、
色を引き立てる側になる。
それは、黒い枠の中で、閉じ込められていた色が、
のびのびと羽を広げて羽ばたいていくような
開放感を感じました。
同じようにデザインし、同じように作っても、
黒と白では全く違って見えたのです。

紙を切って作るから「切り絵」、
そこに黒い紙であるという決まりはありません。

そして今ではそんな白い紙に魅せられ、
日々新しい白の表現を追求しています。

3冊目となる本書は全て
「白い紙で作る切り絵」
をテーマにしています。

切り絵は作ったら、ぜひたくさんの方に
見てもらってください。飾ったりプレゼントしたり、
そんな風に皆様の日常の中で、
図案をご活用いただけることが、
この上ない喜びです。

平石智美

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆ Chapter1 道具
カッターなどの道具は
細かく分けるとさまざまな種類がありますが、
どんな道具が自分に合うかは使ってみないと
分からないものです。
この章では普段私が使っているほぼすべての道具を
紹介します。
切り絵の元になる「紙」以外はいたってシンプルで
手に入れやすいものばかりです。
* 基本の道具
* 切り絵の紙(白い紙)
* 色つけの紙
・・・など全8項目
*コラム 白い切り絵との出会い

☆ Chapter2 作り方
道具を揃えたら早速切り絵を作りましょう。
この章では基本的な切り方のポイントと、
切り絵の創作行程を紹介します。
「切って色をつける」という制作の手順は
どんな作品でも共通していますので、
基本の作り方を覚えたら、
どんな図案も作ることができます。
* カッターの使い方
* 白い紙を切ってみましょう。
* 色をつけましょう
・・・全3項目
*コラム 黒い紙の切り絵との違い

☆ Chapter3 白い紙で作る花や動物、
かわいいモチーフの切り絵

1枚の紙を切り抜いて色をつけていくという、
伝統的な切り絵の手法も、
白い紙を使うと新鮮に見えてきます。
この章では白い紙が似合う、
さまざまなモチーフを図案にし、
それぞれに表現のアイデアをちりばめました。
どれでもお好きな作品から作ってみてください。
* シンプルな白い紙の切り絵
* 線の美しい花と蝶の切り絵
* 小鳥のカードの切り絵
・・・など全11項目
*コラム 心を整える1日の大切な切絵時間

☆ Chapter4 重ねて美しい白い切り絵
この章では私のお気に入りの表現手法の
「重ね切り絵」の紹介をします。
線の重なり合いにより、
立体感を感じる切り絵。
一見複雑そうに見える作品も、
工程通りに仕上げていくだけで、
美しく完成します。
* 女子のシルエットの重ね切り絵
* 重ね切り絵のしおり
* ウミガメの重ね切り絵
・・・など全4項目
*コラム 重ね切り絵の魅力

☆ Chapter5 白い紙を生かした
風景と人物の切り絵

白い紙そのものの美しさを生かして、
人物や風景の切り絵をデザインしました。
どれも白ならではの、
風や光を感じる明るい作品になっています。
ぜひ爽やかな気持ちで楽しんでください。
* 白い肌の女の子の切り絵
* 爽やかな切り絵の風景
・・・全2項目
*コラム 白に込めた思い

☆ Chapter6 美しい「線」を楽しむ切り絵
この章では、「切る」という行為を
純粋に楽しむために、
色つけのない切り絵の「線画」を用意しました。
ただ切る事を楽しんでも、
何かの素材にしてみても、
もちろん色をつけても、
作るサイズも自由です。
あれこれ思いを巡らせて、
あなたの切り絵時間のお供にお使いください。
* 美しい白い切り絵 曼荼羅の世界
* 工夫が広がる花の切り絵フレーム
・・・全2項目

◆◇◆ 著者プロフィール ◆◇◆

切り絵作家 平石智美
高校時代にカラー切り絵に出会い、
2009年より作家としての活動を始める。
近年の作風である「白い切り絵」は、
その優しく華やかなタッチが
女性を中心に人気。
東京・神奈川にて、オリジナル図案と
カラフルな和紙を使った切り絵教室を
多数開講中。