私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

お問い合わせはこちら

「令和6年能登半島地震」により被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
余震や寒さなど、予断を許さない状況が続いておりますが、皆様が一日も早く安全を取り戻すこと、
ならびに被災地の復興を祈念しております。

 

「小学生の釣り」編集室 著


  • 定価:1,694円
  • 仕様:A5判144頁
  • 発行年月日:2023年4月25日
電子書籍

内容

釣り 上達のコツ 増補改訂版 基礎から応用まで完全攻略BOOK

 

 

★ 『フィールド別』『釣り方別』『魚種別』
豊富なイラストによる解説で
攻略テクがわかりやすい!


★ ターゲットに合わせたサオやリール選び

 

★ 失敗しない針と糸の結び方・仕かけづくり

 

★ 海&川、ルアーにも対応!

 

 

◆◇◆ 本書について ◆◇◆

 

海でも川でも湖沼でも、釣り糸をたれて、
そこにいる魚を釣ろうとすることはオーバーにいえば
人類の原点に返ることではないでしょうか。

 

海水の中や川の流れの中にいる魚たちは
私たちの目には見えません。
その魚たちを釣り上げたい、これもまた人が持つ
自然な気持ちです。
海や川、そして魚という自然にチャレンジすることが
「釣り」なのです。だから、その自然の姿を調べ、
季節や天候や時間帯を考え、
魚のいる場所やエサ等について情報を集め、
いろいろな道具を用意します。
魚はいわば大自然そのもので、その大きな存在に生きものとしては
小さな人間が知恵をしぼり、戦いを挑むことが
釣りのおもしろさなのです。

 

人が理由を別として1万年近く釣りをしていることに
なります。そして大正時代から100年弱、
釣り道具は進化を重ねます。
道具がどれだけ進歩しても、自然の魚を相手にするという
釣りの原点には変わりはありません。
今、魚を釣るというおもしろさを体験するには、
まず豊富になった釣り道具について知ることが大切です。
また、釣り場所(川、海、湖沼など)についての知識や
個々の魚の仕かけなどについての情報もポイントになります。

 

本書では、これらの基本的なことを分かりやすく説明しており、
「釣り場」に行くまでに知っておくべき内容が
たくさん盛り込まれています。
「釣り名人」をめざす子どもたちに必ずや
お役に立つものと考えております。

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

 

☆第1章 釣り道具の基礎知識
≪サオ≫
* サオの持つ意味
* サオの種類・分け方・素材、サオの見分け方
≪リール≫
* リールの種類
* スピニングリール
≪イト(ライン)≫
* ナイロン、フロロカーボン、PE(新素材)
* ラインのラベル表示の見方を知っておこう
≪オモリ≫
* ガン玉、カミツブシ、ナツメオモリ、
ナス型オモリ
・・・など

 

☆第2章 海釣り 防波堤での釣り
* 防波堤で釣れる魚と領域を見ておこう
* 防波堤のいろいろ
≪ウキ釣り≫
* メジナ
* クロダイ
≪サビキ釣り≫
* アジ
≪フカセ釣り≫
* メバル
・・・など

 

☆第3章 投げ釣りと磯釣り
* 投げ釣りの釣り場と釣れる魚を見ておこう
* テンビン
* シロギス(キス)
* カレイ
* 磯釣りの釣り場と釣れる魚を見ておこう!
* 上物と底物
・・・など

 

☆第4章 船釣り
* 船釣りと水深による対象魚を知ろう
* カワハギ
* マダイ
* キンメダイ
* 船釣りを満喫しよう
・・・など

 

☆第5章 川(湖沼)で釣れる魚とその領域を見ておこう
* ニジマス
* イワナ・ヤマメ
* アユ
* フラブナ
* ワカサギ
・・・など

 

☆第6章 ルアー釣り
* ルアーで釣る魚とその領域を見ておこう
* ルアーの種類
* ブラックバス
* ワーム釣りにチャレンジ
* ヒラメ
・・・など

 

※ 本書は2018年発行の
「この一冊で差がつく! 釣り上達のコツ完全攻略BOOK」
を元に、新たに内容を追加と必要な情報の確認・更新を行い、
書名を変更し「増補改訂版」として新たに発行したものです。


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。