私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

「令和元年台風19号」により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されますよう、心よりお祈りしております。

 

米田功 監修


  • 価格:1,500円(税抜)
  • 仕様:A5判128頁
  • 発行年月日:2019年4月10日
電子書籍

内容

体育のにがてを克服!小学生の運動 上達のコツ50 ~とび箱・鉄棒・マット・なわとび・かけっこ~

 

★ アテネ五輪金メダリストがやさしく教える!

 

★ いろんなスポーツに役立つ力が身につく!

 

★ 子どもがたのしく成長できる コツ満載!!

 

★ ひとりでもできる!
さかあがりのコツ

 

★ 前転や側転をかっこよく決めるには

 

★ ケガを防ぐきれいなフォーム

 

 

◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆ 

 

子どもたちが健全に成長していくために、
運動は欠かせない要素です。
体を強くすることはもちろん、
心と体はつながっているので、
運動に取り組むことでメンタル面を養い、
充実させることができるのです。
「プロスポーツ選手になる」
「オリンピックに出場する」
といったトップレベルを目指すことは元より、
運動能力を高めることは人間的な成長に直結します。

 

そのために最も重要になるのは、
子どもが楽しく体を動かせる環境づくりや指導です。
環境とは、子どもが自発的に運動するように促すことです。
親や指導者は運動へのモチベーションを損なわないように、
褒めてあげるなどその子に合った方法で
サポートしてあげてください。

 

具体的な指導法については、
経験や知識がないとなかなか難しいでしょう。
そのためにこの本では、
とび箱、マット運動、鉄棒の体操種目と、
なわとび、かけっこというシンプルな運動を、
5種類紹介しています。
これらは全て、
動作の複合や柔軟性といった、
あらゆるスポーツで求められる能力を
養える運動ですので、成長してサッカーや野球など
ほかの競技に移行した場合にも、
その子の軸となり上達の手助けになるでしょう。
うまく指導するためのポイント、
ケガをしないための注意点も掲載していますので、
楽しく安全に運動させてください。

 

このとき、取り組む順番を気にする必要はありません。
大切なのは、子どもが興味を示したり
得意とする運動に取り組ませることです。
これが自発的なチャレンジとなり、
成長につながるのです。
種目を強要することは、
運動に対して苦手意識を抱かせる危険性があるので、
充分に注意してください。

 

この本を通じて、
子どもたちに運動を好きになってもらえたら幸いです。

アテネオリンピック金メダリスト
米田 功

 

 

◆◇◆ 本書について ◆◇◆ 

 

この本では、楽しく体を動かして運動能力を高めるための種目を、
5種目紹介しています。
それぞれの運動をまんべんなく身につけられます。
最初から読み進めることが理想ですが、
できるようになりたいと思うところだけを
読んで身につけることも可能です。

 

運動は2ページにひとつ紹介されています。
取り組む際に気をつけたいポイントと、
うまく体を動かすためのコツをあげていますので、
参考にしてください。

 

また、上手くできない時の補助の
方法に関する項目も設けています。
ケガせず安全に運動するための、
助けにしてください。

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆ 

 

*01 米田功が教える子どもが育つ運動の方法

 

☆ PART1 とび箱
*02 とび箱をはじめる前に
*03 とび乗り
踏み切りからジャンプの動作をマスター
*04 とび降り
バランスを崩さない着地を身につける
・・・など全9項目

 

☆ PART2 マット運動
*11 マット運動をはじめる前に
*12 V字バランス
体の固定とバランス感覚を身につける
*13 Y字バランス
片足でバランスをとる力を身につける
*+α 倒立前転
体の固定と回転を同時に行う
・・・など全15項目

 

☆ PART3 鉄棒
*25 鉄棒をはじめる前に
*26 ぶらさがり
体勢をキープする力を身につける
*27 ぶらさがり(足)
足で鉄棒をつかむ感覚を養う
*+α 空中後ろまわり
力を発揮するタイミングを身につける
・・・など全13項目

 

☆ PART4 なわとび
*36 なわとびをはじめる前に
*37 前とび
ジャンプのタイミングを身につける
*38 後ろとび
なわの動きを予測する力を養う
・・・など全8項目

 

☆ PART5 かこっこ
*44 かけっこをはじめる前に
*45 ケンケン走り
蹴りの力をアップ
*46 スキップ
走りのリズムを身につける
*+α スタート
すばやく加速する姿勢をマスター
・・・など全8項目

* 補助つき
柔軟性向上ストレッチ

 

 

◆◇◆ 監修者プロフィール ◆◇◆ 

 

米田 功
1997年の全日本学生選手権で個人総合2位、
1998年のNHK杯で個人総合優勝、
1999年には全日本学生選手権個人総合優勝、
全日本選手権の鉄棒種目優勝と数々のタイトルを獲得。
2004年にはアテネオリンピックに出場し、
日本男子体操のキャプテンとして、
団体で28年ぶりとなる金メダルを獲得。
種目別でも、鉄棒で銅メダルを獲得した。
2008年の現役引退後は、メンタルトレーナー、
体操解説者として精力的に活動。
2009年に株式会社CARTWHEELを立ちあげ、
2012年には横浜に「米田功体操クラブ」を設立した。
2013年には徳洲会体操クラブの監督に就任。
また2018年にはみなとみらいに
2店舗目となる「米田功体操クラブ」を設立。
指導者として、着実にキャリアを積みあげている。

※ 本書は、2014年発行の
『必ずできる! とび箱・鉄棒・マット運動 上達のコツ50』
の書名・装丁を変更し、新たに発行したものです。


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。