私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

鈴木昇岳 監修


  • 価格:2,500円(税抜)
  • 仕様:B5判128頁
  • 発行年月日:2019年8月30日
電子書籍

内容

水墨画 表現を磨く50のコツ 基本から特殊技法まで

★ 基本的なモチーフの描き方、筆運びのコツから
白抜き、ぼかし、スタンピングなどの特殊技法まで、
完成度を高めるコツをアドバイスとともに紹介します。

◆◇◆ 著者からのコメント ◆◇◆

皆さんは絵を描きたいけれど、
「自分には絵の才能がなく不器用だから・・・」
と始めから諦めてはいませんか。
絵を描くということは、人間の本能でもあります。
人類の歴史を遡ってみますと、
古くから「絵を描く」「土器を作る」という行為は、
言葉や文字を使うよりも前に行われていました。
また、幼い子どもたちが目を輝かせて
クレヨンを持って紙に絵を描いたり、
生き生きと砂場で山などを作って
遊んでいることからもそれが分かります。

難しいことは考えずに、筆を持ち紙と向かい合い
水墨画を描いてみましょう。
まずは筆と紙と墨を用意すれば十分なのです。
絵に優劣などありません。
とにかく筆を手に取り、始めることが一番なのです。
一歩歩み出したその瞬間から、きっとあなたも
墨の濃淡で描き出す美しい水墨画の世界に
魅了されることでしょう。

水墨画家 鈴木 昇岳

◆◇◆ 本書の使い方 ◆◇◆

この本では、水墨画を描くためのコツを
7つのパートに分けて紹介しています。
パートを読み進めていくにつれ、道具の基礎から
描き方の応用の知識が身につくようになっているため、
最初のパートから読み始めることをおすすめします。

モチーフや風景画の描き方は、
一作品につき4ページに渡り、
手順などを詳しく説明しています。
描く際に気をつけたいポイントやより良い作品に
するためのアドバイスをあげていますので、
自分のイメージする水墨画を描くための
参考にしてください。

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆PART1 水墨画を描く前に
*コツ01 水墨画を描くための道具を準備する
*コツ02 墨の種類と特色を知る
*コツ03 筆の種類と特徴を知る
・・・など全5項目

☆PART2 基本技法を身に付ける
*コツ06 墨を磨る
*コツ07 調墨で墨や筆の調子を整える
*コツ08 側筆法を習得する
・・・など全7項目

☆PART3 基本のモチーフを描く
*コツ13 竹を描く
*コツ14 蘭を描く
*コツ15 梅を描く
・・・など全5項目

☆PART4 墨彩画を描く
*コツ18 墨彩画に挑戦する
*コツ19 顔彩絵の具を使う
*コツ20 葉の描き方を知る
・・・など全9項目

☆PART5 特殊技法を知りテクニックを磨く
*コツ27 特殊技法に必要な道具を準備する
*コツ28 白抜き剤を使う
*コツ29 白抜きの応用を知る
・・・など全11項目

☆PART6 テクニックを生かして風景画を描く
*コツ38 幻想的なオーロラを描く
*コツ39 波のある海を描く
*コツ40 ススキのある風景を描く
・・・など全5項目

☆PART6 抽象的なイメージ画を自由に描く
*コツ43・44 スタンピングを多用する
*コツ45・46 墨流しをポイントにする
*コツ47・48 コラージュとデカルコマニーを施す
・・・など全8項目

◆◇◆ 著者プロフィール ◆◇◆

鈴木 昇岳(すずき しょうがく)
洋画家の田澤茂氏、水墨画の佐藤紫雲氏を師に持つ。
現代水墨画グループ「カオス」会員、
現代水墨画協会副理事長、
墨の抽象画Sumiアートの会主宰、
墨映会主宰、全国水墨画美術協会副理事長を務める。
出品展では、「現代水墨派展」にて
文部大臣奨励賞と大賞2回を受賞。
「日本現代美術海外展」では入選を果たす。
「全日本水墨画秀作展」では、外務大臣賞、
文部科学大臣賞、現代水墨画賞、
参議院議長賞を受賞し、「日仏現代美術展」では、
東京都議会議長賞ほか多数を受賞する。
個展、グループ展を多数開催し、
現在は産経学園、毎日文化センター、
株式会社カルチャーなどで講師として、
老若男女問わず水墨画の魅力を伝えている。


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。