私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

お問い合わせはこちら

「令和6年能登半島地震」により被災された皆様へ心よりお見舞い申し上げます。
余震や寒さなど、予断を許さない状況が続いておりますが、皆様が一日も早く安全を取り戻すこと、
ならびに被災地の復興を祈念しております。

 

擬洋風建築のひみつ研究会 著


  • 定価:1,892円
  • 仕様:A5判128頁
  • 発行年月日:2023年11月25日
電子書籍

内容

擬洋風建築のひみつ 見かた・楽しみかたがわかる本 和洋折衷レトロ建築めぐり超入門

 

★ 全国の擬洋風建築47件と
その歴史・みどころを解説!!

 

★ なぜこんな建物が生まれたの?
歴史とルーツを紐解きます。

 

★ 西洋建築?
でもどこか風変わり。
訪れる人を惹きつけてやまない
和洋折衷でレトロな建物、
「擬洋風建築」がもつ魅力を徹底解剖。

 

 

◇◆◇ 本書について ◇◆◇

 

幕末から明治初期にかけて、
日本の大工たちが従来の技術を用いて
各地に建設した西洋風の建築
「擬洋風建築」。
そんな擬洋風建築が文化財として各地に残っており、
移築・再建されたものも含めて、
観光スポットとなっています。

 

その均整のとれた美しい外観や、
どこかレトロで温かい雰囲気、
まるで時代ものの映画や
ドラマのセットにいるかのような異世界感。
いろいろな印象を持たれる方がいるでしょう。
そして、いわゆる本格的な西洋建築を目にした時とは、
何か違う印象を抱くのではないでしょうか。

 

擬洋風建築が生まれた時代は、
尊王攘夷運動によって
「日本古来の精神を大切にしつつ、
西洋に飲み込まれないためにも、
西洋文明を積極的に取り入れなければならない」
という和魂洋才の考えが盛り上がり、
その後明治政府が誕生して、
一層西洋化に突き進んだ、まさにその頃です。

 

そんな時代の空気、新しい建築を創意工夫で
生み出そうとする大工たちの熱い心意気が、
擬西洋建築には込められているのです。

 

本書は、建築史家の先生にも話を聞きながら、
「擬洋風建築とは何か」ということや、
その歴史について分かりやすく解説するとともに、
全国各地で見られる擬洋風建築スポットを
紹介しています。

 

もちろんこれが現存する
すべてのスポットではありませんが、
主要なスポットの多くを取り上げています。
それぞれについて、見どころのポイントなども説明しています。

 

また、本格的な建築物以外にも、
擬洋風な特徴を持った門や、
擬洋風テイストを継承するレトロ建築として、
昭和初期の「看板建築」などもいくつか取り上げています。

 

ぜひ、本書を片手に各地の擬洋風建築を
訪ねてみてください。
そして擬洋風建築の魅力のヒミツを、
皆さんなりに探ってみてください。

 

 

◇◆◇ 主な目次 ◇◆◇

 

☆ 北海道
* 豊平館(北海道)
* 旧旭川偕行社(北海道)
・・・など

 

☆ 東北
* 旧第五十九銀行本店本館(青森)
* 旧岩谷堂共立病院(岩手)
* 旧西田川郡役所(山形県)
* 旧福島県尋常中学校本館(福島)
・・・など

 

☆ 関東
* 旧群馬県衛生所(群馬)
* 旧本庄警察署(埼玉)
* 旧東京医学校本館(東京)
* 福住旅館金泉楼・萬翠楼(神奈川)
・・・など

 

☆ 中部
* 旧新潟税関庁舎(新潟)
* 尾山神社神門(石川)
* 旧睦沢学校校舎(山梨)
* 旧中込学校(長野)
・・・など

 

☆ 近畿
* 旧八幡東学校(滋賀)
* 旧九鬼家住宅(兵庫)
* 宝山寺獅子閣(奈良)
・・・など

 

☆ 中国・四国
* 興雲閣(島根)
* 開明学校(愛媛)
* 野良時計(高知)
・・・など

 

☆ 九州
* 熊本洋学校教師ジェーンズ邸(熊本)
* 旧日野医院本館(大分)
・・・など


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。