私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

古墳

関東 古墳探訪ベストガイド 改訂版

9月 3rd, 2019 Posted in おでかけ, ホーム最新刊, 歴史探訪, 関東・甲信越, 関東全般 | 関東 古墳探訪ベストガイド 改訂版 はコメントを受け付けていません。

関東 古墳探訪ベストガイド 改訂版

★ もっと深く、さらに力強く!

★ 情熱と迫力をもって踊るためのコツを徹底紹介!

★ 指先の意識、
柔らかい手首の動きが美しいマノを作る!

★ 美しい足さばきがいいサパテアードを生む!

★ 回転軸を保ちながら
スピードとキレ味を出す!

★ 思い切った表現で
ダイナミックに情熱を舞う!

★ ココロとカラダの美しさは
正しい姿勢の見直しから!

◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

自分らしい、生き生きとした毎日を、送っていますか。

フラメンコは、単に踊りや音楽ではなく、
生き方そのものを表しています。

そもそも、アンダルシアのヒターノ(ジプシー)たちの
生活の中から生まれたフラメンコは、
彼らの生きている実感、
厳しい毎日の中での怒りや悲しみ、
それでも失われることのない命の喜びを、
歌い、踊り、奏でたもの。
生活の中の喜怒哀楽を、赤裸々に表現しています。

そんなフラメンコを深く、
より魅力的に踊るためには、自分の人生や生き方、
生活の中で得た経験や感情と
重ね合わせることが大切です。

どんな形でもいい、どんな年齢でもいい、
上手じゃなくてもいいのです。
恥ずかしがらずに自分をさらけ出す、
そういう潔さが、踊りを魅力的なものにします。

自分の気持ちを大切にして、
あなたがあなたらしく生きるために、
フラメンコは大きな支えになってくれるでしょう。

鍵田真由美

◆◇◆ 本書について ◆◇◆

レッスンに通っているのに、一生懸命練習しているのに
上手くならないと悩んでいるフラメンカたちを
強力にバックアップする一冊です。

本書は、身体の動かし方から、
フラメンコ舞踊独自の技のポイントまで具体的に、
わかりやすく解説しています。

振りの形を追いかけているだけでは、
フラメンコ舞踊は上手くなりません。
身体の外側だけでなく、
内側の感じ方や意識の持ち方など
すぐに役立つノウハウが、ぎっしり詰まっています。

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆ PART1
フラメンコな身体の使い方

情熱的で力強いフラメンコを踊るための、
フラメンコ舞踊ならではの身体の使い方を身につける。
フラメンコの舞踊テクニックを身につけるためにも役立つ。
* POINT01
上半身と下半身の
拮抗する力が強い立ち姿をつくる
* POINT02
ヒザの角度の変化で
表現の幅が広がる
・・・など全10項目

☆ PART2
美しいマノとブラソの動かし方

女性らしい優雅さや重厚さを表現するマノとブラソ。
動かし方の基本とコツをマスターして
魅惑的なフラメンコを踊る。正しい姿勢は、
美しいマノとブラソの基本条件だ。
* POINT11
関節の柔らかさがマノの表現を豊かにする
* POINT12
手首は一定の速度でゆっくり回してねばりを出す
・・・など全10項目

☆ PART3
大地を揺るがすサパテアード

フラメンコ独自のテクニックであるサパテアードを、
強く、速く、美しく、ダイナミックに
打ち出すためのコツを伝授。
踊り手もパーカショニストだという自覚をもつ。
* POINT21
力をまとめる“足の中心点”をとらえて打つと
良い音が出る
* POINT22
浅いヒザの曲げで速いサパテアードが打てる
・・・など全10項目

☆ POINT4
フラメンコ舞踊の技を磨く

フラメンコ舞踊には、独自の技がある。
その技をしっかり身につけて、深い情熱と、
ゆるぎない力強さを表現する。
* POINT31
両足の内側の筋肉を引き寄せて回るとぶれない
* POINT32
顔は最後まで正面に残して、
キレのあるブエルタにする
・・・など全10項目

☆ POINT5
フラメンコを理解して踊りを進化させる

フラメンコは振りをただマスターしただけでは上達しない。
形だけでなく、振りの内側にあるもの、
リズムや精神性や表現力が重要だ。
* POINT41
カンテ、ギターとのコミュニケーションで
三位一体の盛りあがりをつくる
* POINT42
成り立ちや呼吸を理解すれば
臨機応変に歌に反応できる
・・・など全10項目

☆ コラム
* フラメンコで得られる嬉しい効果いろいろ
* パルマでコンパス感覚を磨くための
ステップアップ練習法
・・・など全4項目

※ 本書は2009年発行の
「もっと情熱的に!魅せるフラメンコ上達のポイント50」
を元に、加筆・修正を行った新版です。

◆◇◆ 監修者プロフィール ◆◇◆

鍵田真由美
1990年河上鈴子スペイン舞踊新人賞受賞。
1998年文化庁芸術祭新人賞受賞。
2001年の初演から再演を重ねる
阿木燿子プロデュース・作詞、
宇崎竜童音楽監修・作曲の
『FLAMENCO曽根崎心中』では、
文化庁芸術祭優秀賞を受賞し、
2004年にはフラメンコの殿堂
「フェスティバル・デ・ヘレス」に
海外から初参加を果たし絶賛される。
同年文化庁芸術祭大賞を受賞。
2006年News week日本版の
「世界が尊敬する日本人100人」に選ばれた。
2012年NHK大河ドラマ
「平清盛」のオープニング映像で
白拍子に扮して話題を呼ぶ。
唯一無二のフラメンコ舞踊手として
国内外で高く評価されている。
佐藤浩希とともに
「ARTE Y SOLERA 鍵田真由美・
佐藤浩希フラメンコ舞踊団」を主宰。

佐藤浩希
1992年より鍵田真由美にフラメンコを師事。
1996年河上鈴子スペイン舞踊新人賞及び
日本フラメンコ協会新人公演特別奨励賞を受賞。
同年、文化庁芸術祭大賞を受賞。
2006年、Newsweek日本版のトップ記事
「世界が尊敬する日本人100人」に選出され、
大きく取り上げられる。
障害のある人たちとのフラメンコ公演や
今井翼ソロ公演振付、
片岡愛之助主演の
歌舞伎『GOEMON』のフラメンコシーンで
振付と出演、宝塚雪組『ドン・ジュアン』
フラメンコ振付、山田洋次演出の音楽劇
『マリウス』振付・出演など、
多彩な才能を発揮している。

古墳のひみつ 見かた・楽しみかたがわかる本 古代遺跡めぐり超入門

11月 8th, 2018 Posted in 趣味・実用, 趣味実用 | 古墳のひみつ 見かた・楽しみかたがわかる本 古代遺跡めぐり超入門 はコメントを受け付けていません。

古墳のひみつ 見かた・楽しみかたがわかる本 古代遺跡めぐり超入門

★ 一度は訪ねたい全国の有名古墳&古墳群12+30箇所の迷宮案内。

★ 悠然とたたずむ姿からは想像もできない奥深さ!
もっと知りたい&楽しみたい古墳の魅力を徹底解剖!!

★ 築造時期、墳形などの基礎知識や、時代背景、副葬品からわかること、そして秘められた物語まで…。
まるっとわかる決定版!

◆◇◆ 本書について ◆◇◆

 

古墳がブームです。
リードするのは「古墳女子」たちで、「古墳にコーフン協会」が実施する古墳検定の受験者の8、9割が女性だそうです。
彼女たちは古墳のロマンに思いを馳せ、前方後円墳に萌えながら古墳めぐり=墳活を続けています。

大阪にある、百舌鳥古墳群と古市古墳群の世界遺産登録もカウントダウン(2018年10月現時点)に入りました。
正式に登録が決まれば、他の世界遺産登録のときのように、一部のファンの枠を超え、人気が一般に広がることが予想されます。
マイナーだった古墳探訪に日が当たることは嬉しい限りです。

実は古墳は饒舌です。
形状や出土品を通して、伝えようとしているメッセージは山のよう。
長年沈黙を強いられてきただけに、語り出したくてうずうずしているのです。

この本は、古墳と会話するために不可欠となる基礎的知識の充実に重きを置きました。
これさえマスターすれば、聞き役としては十分な資格を得たことになります。

彼らが話す内容は、私たち現代人にも重要な「日本」という国の成立と発展に関する物語でもあります。

さらに本書では、読者の知的好奇心を刺激する、被葬者など古墳に関するミステリーにも踏み込みました。
それらは長年史学で論争されてきたものばかりで、最新学説にもとづき、極論に走らない王道的な学説に沿って解説を試みています。

繰り返しますが、古墳はあなたとおしゃべりをしたがっているのです。
本書を手に各地で待っている古墳を訪ね、話に耳を傾けてみましょう。

『日本書紀』や『古事記』に記された内容も盛り込み、ガイド情報にも注力しました。
入門書としては贅沢なつくりです。

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

 

☆ 「古墳」-異界への招待状1
葺石を全身にまとった偉容異形の構造物に心騒ぐ

☆ 「古墳」-異界への招待状2
黄泉国に旅立つために用意された金色に輝いていた金銅製の飾り沓

☆第1章 完全攻略「古墳とは何か?」
*No.1 古墳にあったヒエラルキー
*NO.2 前方後円墳誕生の経緯
*No.3 前方後円墳の基礎的なパーツ
・・・など全13項目
*東京にもあった古墳1 芝丸山古墳

☆第2章 封印された古墳ミステリー
*File1 箸墓古墳・纏向遺跡
*File2 キトラ古墳
*File3 石舞台古墳
・・・など全11項目
*東京にもあった古墳2 武蔵府中熊野神社古墳

☆第3章 全国古墳散策ガイド
* 会津大塚山古墳(福島県)
* 埼玉古墳群(埼玉県)
* 龍角寺古墳群(千葉県)
・・・など全12項目

☆ まだまだこんなにある全国の必見古墳リスト