私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

屋敷伸之 監修


  • 定価:1,595円
  • 仕様:A5判144頁
  • 発行年月日:2021年6月15日
電子書籍

内容

一冊で差がつく!将棋 上達のコツ50 新版 勝ち方がわかる本

 

★ 必ず知っておきたい基本と
「対局で勝つ」ためのポイントを
わかりやすく解説します!

 

★ ≪序盤≫
定跡と囲いを覚えて強く陣地をつくる。

 

★ ≪中盤≫
手筋と格言で駒の動かし方をマスター。

 

★ ≪終盤≫
詰め将棋を通して確かな寄せが身につく。

 

 

◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

現在の将棋がほぼ完成したのは、
織田信長などが活躍した戦国時代(1467年の応仁の乱から1573年に室町幕府が滅びる)という遠い昔の頃とされています。

 

今から500年前の人たちが、
今と同じように将棋盤という81のマス目の上に8種類40枚の駒を並べ、
相手の玉(王)を取るための戦いをしていたのです。
こんなに長い間に渡って、人々に親しまれてきたというだけでも
将棋というゲームの奥の深さがわかってもらえるでしょう。

 

駒の動かし方などルールさえ覚えれば、
幼稚園に通う小さな子どもでも指すことができます。
また、70年以上に渡り将棋を趣味にしている80歳、90歳という高齢者の方もいます。
将棋は5歳の子どもと90歳の人が戦うことのできるゲームなのです。
歴史や世代の幅だけでも将棋には奥深さがあります。

 

本書は、すでに将棋のルールを知っている子どもたちの、
「さらに強くなるためにはどうしたらよいのだろうか! 」
という気持ちにこたえられるように制作しています。
「なぜこの手を指すのか」という「なぜ」を考えたり、
手筋や定跡という実戦に役立つことを
「格言」などで紹介しながら説明しています。

 

本書を手にしていただき将棋のおもしろさにもっと気づき、
強くなってもらいたいと願っています。

九段 屋敷 伸之

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆ 第1章
将棋は例に始まり、礼に終わる

* 盤上の戦い、将棋の世界
* 将棋の舞台は9×9=81のマス目、
この中で指し手の想いがぶつかり合います
* 強くなるために「礼儀」を学ぼう
* 将棋の聖地・千駄ヶ谷
・・・など

 

☆ 第2章
将棋に勝つための「基本」を知ろう

* 最初の一手は何か、
その手を指す理由を知っておこう
* 飛車の位置、居飛車と振り飛車
* なぜ「王」を囲わないといけないのか
* 陣形のバランス
・・・など

 

☆ 第3章
手筋と格言で将棋に強くなる

≪手筋を覚えて棋力アップ≫
* 桂、香、金、銀、角、飛の手筋
* 歩、玉の手筋
* 格言いろいろ
・・・など

 

☆ 第4章
詰め将棋10題

* なぜ詰め将棋が棋力アップにつながるのか!
・・・など

 

※本書は2017年発行の「一冊で差がつく! 将棋 上達のコツ 勝ち方がわかる本」を
「新版」として発売するにあたり、
内容を確認し一部必要な修正を行ったものです。


書籍サポート

  • 現在のところ該当の情報はありません。