私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

御朱印・寺社

日本全国 一の宮 巡拝パーフェクトガイド

7月 3rd, 2020 Posted in おでかけ, ホーム最新刊, 全国, 御朱印・寺社 | 日本全国 一の宮 巡拝パーフェクトガイド はコメントを受け付けていません。

日本全国 一の宮 巡拝パーフェクトガイド

★ 古代から続く格式と伝統。
全国の「一の宮」全社を、
その縁起から現在の姿までご紹介します。

◆◇◆ 本書について ◆◇◆

本書では全国の『一宮』と一宮の宮司による
「全国一の宮会」が近年制定した『新一宮』を紹介しています。

内容は、各社のいわれや歴史、ご祭神、
そしてご神徳を中心に解説をしています。
参拝の手引として、一人でも多くの人に
参拝をしていただきたいとの願いから、
解説はできる限り難解な言葉を避けています。

日本には八百万の神がおられます。
そして、日本各地には古い歴史をもった一宮があります。

多くの一宮に詣でて、
たくさんのご神縁を結んでください。

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆ 北海道・東北地方の一宮
北天の雄達が勇躍した北の大地に
鎮座する一宮を巡拝する
*《蝦夷国一宮》 北海道神宮
*《津軽国一宮》 岩木山神社
*《陸中国一宮》 駒形神社
・・・など全9項目

☆ 関東地方の一宮
独立独歩の気鋭に満ちた関東の
神々を祀る一宮を巡拝する
*《常陸国一宮》 鹿島神宮
*《下総国一宮》 香取神宮
*《上総国一宮》 玉前神社
・・・など全14項目

☆ 東海・中部地方の一宮
国家による東国経営の前線拠点となった
東海の一宮を巡拝する
*《伊賀国一宮》 敢国神社
*《志摩国一宮》 伊射波神社
*《尾張国一宮》 大神神社
・・・など全16項目

☆ 北陸地方の一宮
大陸への公海である日本海沿岸に
鎮座する北陸の一宮を巡拝する
*《若狭国一宮》 若狭彦神社・若狭姫神社
*《越前国一宮》 氣比神宮
*《加賀国一宮》 白山比咩神社
・・・など全11項目

☆ 近畿地方の一宮
大和国家の中核をなし古代より歴代の都が
おかれた近畿の一宮を巡拝する
*《山城国一宮》 賀茂別雷神社(上賀茂神社)
*《丹波国一宮》 出雲大神宮
*《近江国一宮》 建部大社
・・・など全16項目

☆ 中国地方の一宮
中ツ国を統治した国譲りの神話と
伝説に彩られた中国地方の一宮を巡拝する
*《美作国一宮》 中山神社
*《備前国一宮》 吉備津彦神社
*《備中国一宮》 吉備津神社
・・・など全16項目

☆ 淡路・四国地方の一宮
国造りの神々の神話と伝説に彩られた
四国・淡路の一宮を巡拝する
*《淡路国一宮》 伊弉諾神宮
*《阿波国一宮》 大麻比古神社
*《讃岐国一宮》 田村神社
・・・など全5項目

☆ 九州地方の一宮
古代において大陸からの先進文化が花開いた
九州の一宮を巡拝する
*《筑前国一宮》 住吉神社
*《筑後国一宮》 高良大社
*《壱岐国一宮》 天手長男神社
・・・など全16項目

【 コラム 】
* 神社の常識
* 神社のご利益を知る1 (八幡様・お稲荷様・山王様)
* 神社のご利益を知る2 (熊野権現・白山比咩大神・住吉様)
・・・など全5コラム

※ 本書は2017年発行の
『日本全国 一の宮 巡拝完全ガイド 決定版』
を元に加筆・修正を行った新版です。

イラストガイド 京都・奈良のお寺で仏像に会いましょう 改訂版

4月 28th, 2020 Posted in おでかけ, 京都, 御朱印・寺社, 関西 | イラストガイド 京都・奈良のお寺で仏像に会いましょう 改訂版 はコメントを受け付けていません。

イラストガイド 京都・奈良のお寺で仏像に会いましょう 改訂版

 

★ 一度は拝観したい。
あの仏像と出逢う旅にでかけませんか…

 

★ 鑑賞に役立つ充実の資料つき
* 手の形(印)や台座の種類
* 仏像の種類
* 仏師の系譜
…ほか

 

 

◇◆◇ 著者からのコメント ◇◆◇

 

国宝指定された仏像の数では奈良県にあるものだけで
全国の半数を超えるそうです。
次いで多いのが京都府です。
この2府県に日本を代表する仏像が
ほとんど揃っているわけです。

 

本書はこうした京都と奈良の仏像の中から
特にこれだけは見ておいた方がいいと言う仏像を
取り上げました。

 

ほとんどの仏像は完成当初は金ピカだったり、
派手な色が塗られていたりしたものです。
それが数百年、千年後の今日、
塗装の剥落したままにされているのは、
仏像の無常観を仏像が身をもって
表していると言えるでしょう。

 

仏像は仏教の理念を表現するために
作られたものですが、はじめはそんなに
難しいことを考える必要はありません。
知識なしに仏像のお顔をじっと見つめるだけでも、
何か心に響いてくるものがあると思います。
仏像の背景を知るのはそれからでも遅くないでしょう。

 

本書が仏像について興味を持たれた方の
一助になれば幸いです。

 

福岡秀樹

 

 

◇◆◇ 主な目次 ◇◆◇

 

★ 京都編
* 三十三間堂(蓮華王院)
* 広隆寺
* 六波羅蜜寺
* 東寺
* 平等院
・・・など全14項目
◎ 京都編・モデルコース
* 京の歴史の息吹を感じる洛東
* 数々の名僧が修行した三尾を歩く

 

★ 奈良編
* 興福寺
* 東大寺
* 法隆寺
* 中宮寺
* 薬師寺
・・・など全18項目
◎ 奈良編・モデルコース
* 平城京とともに栄えた佐紀路散歩
* 飛鳥の遺跡とともにある寺を訪ねる

 

★ 資料編
* 仏像の種類
* 如来の種類
* 菩薩の種類
* 仏像の手に注目
* 仏像を作ったのは誰か
・・・など全9項目

 

★ コラム
* 有名人が愛した仏像たち
* 仏像のふるさと・奈良

 

 

◇◆◇ 著者プロフィール ◇◆◇

 

福岡秀樹
日本文化の源流を訪ねる旅を続けているライター。
20代の頃にふと訪れた京都国立博物館で仏像に出会って、
その美しさと精神性にショックを受ける。
それ以降、全国の仏像を見て回ることが
ライフワークの一つになっている。
仏像以外に、日本の各地に残る
古い習慣や神社・古墳、
日本やアジアの伝統芸能・歴史・習俗にも興味を持つ。

※ 本書は2002年発行の
「イラストガイド 京都・奈良のお寺で仏像に会いましょう」
を元に、新たに取材し再編集を行った新版です。

静岡県+周辺 七福神めぐり ご利益巡礼さんぽ ~伊豆・藤枝・浜松・豊橋~

12月 5th, 2019 Posted in おでかけ, 御朱印・寺社, 東海・北陸, 静岡県 | 静岡県+周辺 七福神めぐり ご利益巡礼さんぽ ~伊豆・藤枝・浜松・豊橋~ はコメントを受け付けていません。

静岡県+周辺 七福神めぐり ご利益巡礼さんぽ ~伊豆・藤枝・浜松・豊橋~

 

 

★ 開運招福の旅があなたの身近にも。

 

★ 御朱印やお土産、歴史深い街並み…

 

★ じっくり楽しむコースから、
気軽に訪ねてみたい一箇所七福神、
ミニ七福神まで、詳しく解説。

 

★ あなたの街中にたたずむお気軽コースから、
ちょっと足を伸ばして旅気分まで。

 

 

◆◇◆ 本書について ◆◇◆

 

神社・仏閣は、数百年、場合によっては
1000年以上前からその土地にあり続ける存在だ。
残され、保存されてきたものを観ることで、
先人たちが繁いできた遺産を垣間見ることで、
古の宮大工が技術を総結させた楼門・本殿・
山門・本堂……。
見れば見るほどため息が出る見事さだ。

 

また、時には戦国時代の武将のお墓が
建立されていたり、歴史上、
名のしれた人物のゆかりが記されていたりすることもある。

 

七福神めぐりは、七柱の神を祀る寺社を
巡拝することで、開運を祈願するもの。
スタンプラリーのような感覚で回ることもあるかもしれないが、
ぜひそれぞれの寺社の歴史も感じながら、
参拝してほしい。

 

七福神めぐりに対する対応は、
コースによって実にさまざま。
観光コースとして誘致しているところもあれば、
管理者が不在になってしまったお寺が多いため、
実質的にコースとして成り立たなくなってしまったところもある。

 

今回、ご紹介するところは、観光向けでなはく、
住職お一人やその家族で務めているお寺がほとんど。
七福神めぐりの本来の意味を考えて、
静かに参拝することを忘れないようにしましょう。

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

 

☆ 静岡県東部エリア
*01 伊東温泉七福神
*02 伊豆天城七福神
*03 源氏山七福神
・・・など全5項目
*ミニ七福神 伊東温泉七福神の湯
*ミニ七福神 七滝七福神
*一箇所七福神 妙蔵寺の七福神
*一箇所七福神 妙法寺の洞窟七福神

 

☆ 静岡県中部エリア
*06 藤枝七福神
*07 焼津七福神
・・・全2項目
*ミニ七福神 蓬菜橋七福神
*一箇所七福神 本光寺の東海七福神

 

☆ 静岡県西部エリア
*08 遠州七福神
*09 浜名湖七福神
*10 浜松七福財天
・・・全3項目

 

☆ 静岡県西部エリア
*11 東海七福神
*12 吉田七福神
・・・全2項目
*一箇所七福神 おんたけさん敬神大教会の七福神

九州 八十八ヶ所百八霊場めぐり 「九八巡拝」ルートガイド

11月 8th, 2018 Posted in おでかけ, 九州・沖縄, 九州・沖縄全般, 御朱印・寺社 | 九州 八十八ヶ所百八霊場めぐり 「九八巡拝」ルートガイド はコメントを受け付けていません。

九州 八十八ヶ所百八霊場めぐり 「九八巡拝」ルートガイド

 

★  四国八十八所と同じ弘法大師ゆかりの地を結んだ九州最大の札所霊場を、オールカラーの最新ガイドで各寺院の見どころや情報をわかりやすく紹介!!

 

★ 各地の名刹・古刹の由来や伝説がわかる!
・ 御朱印や御詠歌の予習に
・ 豊富な写真で見どころ案内

 

★ 札所めぐりに役立つデータが充実!
・ 県別マップでルート案内
・ 108霊場すべてを詳述

 

◇◆◇ 本書について ◇◆◇

九州八十八ヶ所霊場は、1984年(昭和59年)に、「弘法大師入定千百五十年記念」として開創されたものです。
各派に属する真言宗の寺院を札所として、九州を一周する巡礼霊場です。

2010年(平成22年)までに新たな札所寺院が加わり、現在では108の寺院を巡る「九州八十八ヶ所 百八霊場」として広く知られています。

弘法大師は806年(大同元年)に唐から帰国した際、筑紫国(現在の福岡)の国で2年の歳月を過ごしたと伝えられ、九州内の各地にはゆかりの旧跡や古刹が残されています。
また遍路の道沿いで、九州各県の美しい自然と景観を味わうことができるのもこの霊場巡りの特徴です。

108霊場すべてを掲載した本書を片手に、九州の自然や歴史を感じながら、弘法大師と共に旅する「心巡り」の旅にぜひお出かけください。