私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

 

新体操

手具操作で魅せる!新体操 ボール レベルアップBOOK

4月 30th, 2019 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, ホーム最新刊, ランチ・ディナー・美食ガイド, 一般 | 手具操作で魅せる!新体操 ボール レベルアップBOOK はコメントを受け付けていません。

手具操作で魅せる!新体操 ボール レベルアップBOOK

 

★ 日本を代表するチームに学ぶ、
技術と表現力を高めるポイント!

 

★ 基本の投げ受けから、「ころがし」「つき」、
点数への意識、演技構成やつなぎの動きまで。

 

★ トップ選手の実演で上達のコツがよくわかる!

 

◆◇◆ 本書について ◆◇◆ 

かつては手具操作といえば感覚頼みで、
「1000回やればできるようになる」などという
指導がまかり通っていました。
今はそういう時代ではありません。

映像を撮ることも日常的になり、
今の選手たちは自分の演技の見直しは、
いくらでもできるようになりました。
さらに、基本的なことからレベルアップも視野に入れて
「手具操作」を解説した本があれば、
子ども達は自分の力で、
自分の技術をより磨くことができるのではないかと思うのです。

本書は、新体操ではもっともなじみのある手具である
「ボール」を取り上げました。
ボールは誰にでも扱える親しみやすい手具ですが、
新体操のルールでは、「つかむ」ことが禁じられています。
あくまでも手のひらで保持する、
のがボールの持ち方なのです。
一見簡単そうですが、
じつはかなり難しく、奥深い。
ボールはそんな手具です。

そして、熟練度が上がってくれば、もっとも新体操らしく、
女性の美しさを引き立ててくれる手具でもあるのです。

本書が多くの子ども達、選手達にとって、
ボールという種目をより身近に感じ、
得意になるための手助けとなれば幸いです。

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆ 

☆ Part1
ボール操作の基本を身につける

*ポイント1 実施減点を減らす第一歩
「ボールの正しい持ち方」を確認しよう!
*ポイント2 正確なコントロールの源
「投げ受けの基本」をマスターしよう!
*ポイント3 ボールならではの柔らかさを表現できる
「転がし」の基本を押さえよう
・・・など全4項目
* コラム1
「ボール」は、やさしい? それとも意地悪?

☆ Part2
ボール操作の要・投げ受け完全マスター!

*ポイント5 基本だけど難しい
「片手キャッチ」でのミスを減らそう!
*ポイント6 「手で投げる」の
バリエーションを増やそう!
*ポイント7 テクニシャンへの必須要素
「足で投げる」に挑戦してみよう!
・・・など全5項目
* コラム2
「クラブチャイルド選手権」がもたらしたもの

☆ Part3
「転がし」「突き」ボールならではの操作をモノにする

*ポイント10 腕・胸を通る「長い転がし」は
正確&なめらかをめざす
*ポイント11 背中、脚など 腕以外でも転がせる!
転がし名人になろう
*ポイント12 「ボール巧者」を印象づける!
難しい転がしにも挑戦
・・・など全5項目
* コラム3
「ボール」が日本をメダルに導く?

☆ Part4
手具操作の見せ場「AD」で点数を積み上げよう!

*ポイント15 「AD」の種類、考え方をしっかり理解して、
使いこなせるようにしよう
*ポイント16 意外と簡単なものも。
ADは怖がらずにどんどんチャレンジ!
*ポイント17 演技をスリリングにする投げながらの
手具操作で0.3ポイントを稼ぐ!
・・・など全4項目
*コラム4 「新体操ならではの達成感」の正体

☆ Part5
演技に手具操作をどう組み込むか、を考えよう

*ポイント19 確実にしたい基本的な「BD」(身体難度)と
手具操作の組み合わせ方
*ポイント20 特異な「BD」(身体難度)で挑戦したい
手具操作との組み合わせ方
*ポイント21 ベーシックな手具操作を伴う
ステップをやってみよう!
・・・など全6項目
*コラム5 ボールの曲は、しっとり系に限る?

☆ Part6
実際の作品をもとに演技の構成を学ぼう

*ポイント25~27 ベーシックな作品にBDやADを
どう入れるか実際の作品に学ぼう ①~③
*ポイント28~30 レベルアップをめざす少し難易度を上げた構成を
実際の作品に学ぼう! ①~③
・・・全6項目
*コラム6 手具操作にも思いを込めて

☆ Part7 構成作りから、作品を仕上げていく
過程を知ろう!

*ポイント31 「やりたい難度、技」「できる難度、技」
「使いたい曲」をピックアップ
*ポイント32 曲に合わせて難度や技を入れる
順番を考える
*ポイント33 「つなぎ」の動きを考え、
細かい部分の手直しをする
・・・など全5項目
*コラム7 「器用さん」と「不器用さん」

☆ Part8
トップ選手に学ぶ!
手具操作がうまくなるためにできること

*ポイント36 猪又涼子選手に訊く
~ 本番で自信をもって演技できるようになるまで
練習を積み重ねる
*ポイント37 藤井 雅選手に訊く
~ 幼いころから遊び感覚で手具に触れ、
身近にライバルを作る

 

◆◇◆ 監修者プロフィール ◆◇◆

石﨑朔子
日本女子体育大学学長。
日本体力医学会、日本体育学会、
日本臨床スポーツ医学会、日本栄養改善学会に所属。
日本体操協会副会長、日本新体操連盟副会長を務め、
国際体操連盟審判員としても活動。
2006年には国際体操連盟最優秀審判員賞を受賞した。
「新体操選手の手具操作感覚」「ジュニア期の体力トレーニング」
などをテーマに数多くの論文を発表している。

手具操作で魅せる!新体操 クラブ レベルアップBOOK 

4月 30th, 2019 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, ホーム最新刊, 一般 | 手具操作で魅せる!新体操 クラブ レベルアップBOOK  はコメントを受け付けていません。

手具操作で魅せる!新体操 クラブ レベルアップBOOK 

 

★ 日本を代表するチームに学ぶ、
技術と表現力を高めるポイント!

 

★ 基本の投げ受けから、「風車」「ジャグリング」、
点数への意識、演技構成やつなぎの動きまで。

 

★ トップ選手の実演で上達のコツがよくわかる!

 

◆◇◆ 本書について ◆◇◆ 

かつては手具操作といえば感覚頼みで、
「1000回やればできるようになる」などという
指導がまかり通っていました。
今はそういう時代ではありません。

映像を撮ることも日常的になり、
今の選手たちは自分の演技の見直しは、
いくらでもできるようになりました。
さらに、基本的なことからレベルアップも視野に入れて
「手具操作」を解説した本があれば、
子ども達は自分の力で、
自分の技術をより磨くことができるのではないかと思うのです。

本書は、新体操ではもっとも進化の著しい「クラブ」を取り上げました。
約10年前に、連結できるクラブが開発されて以来、
クラブではそれまででは考えられなかったようなような技術が開発され、
見るものを楽しませてくれるようになりました。

新体操の5手具の中でももっとも創意工夫の余地があり、
独創性のある演技が見られるのがクラブです。
初心者は苦手と知る場合が多いですが、
うまくなってくるとやっていても楽しい、
クラブはそんな手具です。

本書が多くの子ども達、選手達にとって、
クラブという種目をより身近に感じ、
得意になるための手助けとなれば幸いです。

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆ 

☆ Part1
クラブ操作の基本を身につける

*ポイント1 スムーズな操作には必須!
「クラブの基本の持ち方」を完璧にしよう!
*ポイント2 自由自在に手の中で回す!
「小円の基本」を確かなものにしよう!
*ポイント3 クラブ巧者を印象づける!
風車の基礎を完全マスター!
・・・など全4項目
* コラム1
日本のクラブが、新体操を変えた!

☆ Part2
バリエーション豊富なクラブの投げ受けを得意にしよう!

*ポイント5 基本的な「投げ受け」を
確実なものにしてミスをなくそう!
*ポイント6 2本あるから面白い!
様々な「手で投げる」に挑戦しよう!
*ポイント7 演技の幅がぐっと広がる
「足で投げる」をマスターしよう!
・・・など全5項目
* コラム2
「クラブチャイルド選手権」がもたらしたもの

☆ Part3
クラブ独特の操作をモノにする!

*ポイント10 回す位置、回し方「風車」の
バリエーションを増やそう!
*ポイント11 左右のクラブで、違う動きをすることで
多様な演技に!
*ポイント12 見ている人をワクワクさせる
華麗なジャグリングに挑戦!
・・・など全5項目
* コラム3
クラブ巧者は万能ではない?

☆ Part4
手具操作の見せ場「AD」で点数を積み上げよう!

*ポイント15 「AD」の種類、考え方をしっかり理解して、
使いこなせるようにしよう
*ポイント16 意外と簡単なものも。
ADは怖がらずにどんどんチャレンジ!
*ポイント17 演技をスリリングにする投げながらの
手具操作で0.3ポイントを稼ぐ!
・・・など全4項目
*コラム4 「新体操ならではの達成感」の正体

☆ Part5
演技に手具操作をどう組み込むか、を考えよう

*ポイント19 確実にしたい基本的な「BD」(身体難度)と
手具操作の組み合わせ方
*ポイント20 特異な「BD」(身体的難度)で挑戦したい
手具操作との組み合わせ方
*ポイント21 ベーシックな手具操作を伴う
ステップをやってみよう!
・・・など全6項目
*コラム5 勝負が決まる!運命のクラブ

☆ Part6
実際の作品をもとに演技の構成を学ぼう

*ポイント25~27 ベーシックな作品にBDやADを
どう入れるか実際の作品に学ぼう ①~③
*ポイント28~30 レベルアップをめざす少し難易度を上げた構成を
実際の作品に学ぼう! ①~③
・・・全6項目
*コラム6 クラブは、フープの最高の女房役

☆ Part7
構成作りから、作品を仕上げていく過程を知ろう!

*ポイント31 「やりたい難度、技」「できる難度、技」
「使いたい曲」をピックアップ
*ポイント32 曲に合わせて難度や技を入れる
順番を考える
*ポイント33 「つなぎ」の動きを考え、
細かい部分の手直しをする
・・・など全5項目
*コラム7 「器用さん」と「不器用さん」

☆ Part8
トップ選手に学ぶ!
手具操作がうまくなるためにできること

*ポイント36 清澤毬乃選手に訊く
~ 苦手なことは、人よりもたくさん練習して
自信をつける
*ポイント37 五十嵐遥菜選手に訊く
~ 手具に対するネガティブな気持ちを持たず、
自分らしさを大切に踊る

 

◆◇◆ 監修者プロフィール ◆◇◆

石﨑朔子
日本女子体育大学学長。
日本体力医学会、日本体育学会、
日本臨床スポーツ医学会、日本栄養改善学会に所属。
日本体操協会副会長、日本新体操連盟副会長を務め、
国際体操連盟審判員としても活動。
2006年には国際体操連盟最優秀審判員賞を受賞した。
「新体操選手の手具操作感覚」「ジュニア期の体力トレーニング」
などをテーマに数多くの論文を発表している。

チームで魅せる!新体操団体 上達のポイント50

7月 26th, 2018 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す | チームで魅せる!新体操団体 上達のポイント50 はコメントを受け付けていません。

チームで魅せる!新体操団体 上達のポイント50

◎ 大好評の「新体操」本 第2弾!

★ 日本一のチームが実践する、競技力アップの秘訣!
日本女子体育大学新体操部をはじめ、全国の強豪中学、高校の練習スケジュールも掲載! !

投げ受け、演技の見せ方、練習法・・・
「団体ならでは」コツがよくわかる!

必須条件実施減点への意識で得点力底上げできる!

登場するチームのラインナップも、ここ数年で中学、高校で日本一になっているチームばかり。
第1弾同様、今作も新体操競技者はもちろん、ファンも必見の1冊です! !

 

◆◇◆ 本書について ◆◇◆

 

2017年の世界選手権は、日本の新体操にとって記念すべき大会となりました。
日本代表団体・フェアリージャパンが、総合、種目別と合わせて3個のメダル(銀1・銅2)を日本に持ち帰ったのです。
団体総合でのメダル獲得はじつに42年ぶりの快挙でした。

 

フェアリージャパンの活躍のおかげで、新体操に対する注目度も上がり、「新体操といえば団体」とイメージする人も増えてきました。
今も、日本全国で小学生から大学生まで多くの選手たちが、日々真摯に練習に取り組み、自分たちの団体作品に磨きをかけていることでしょう。

 

未就学児や小学生から新体操を始めるケースが増えていますが、今でも、中学や高校の部活で新体操を始めたという子どもも少なからずいます。
そして、そういう子ども達は、まず団体をやることが多いようです。
仲間たちと一緒に汗を流し、自分たちの作品を作り上げる。
新体操の団体では、芸術スポーツのもつ魅力を存分に感じられると思います。
が、一方でルールが複雑かつ厳格になりすぎていて、普通の子ども達にとっては試合での点数や結果ではなかなか成果を感じにくい現実もあります。

 

自分たちなりにやり切れた! という思いで団体を演じきったときの爽快感、達成感は何ものにも代えがたい宝物になるはずです。
誰もが輝くことはでき、また誰もが新体操を通じて素晴らしい仲間を得ることはできる可能性をもっています。

 

今、毎日のように団体練習に明け暮れているあなたに、団体の面白さや素晴らしさをもっともっと感じてほしい。
この本にはそんな思いがたくさんつまっています。

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

 

☆Part1 団体競技の点数はどう決まるのかを知ろう!
* 難度点(D)の計算法を知ろう!
* 実施点(E)の計算法を知ろう!
* 団体競技の必須条件「連係(C)」の定義を知ろう!
・・・など全7項目

*コラム 「頑張っているのは私だけではない」と知る

 

☆Part2 「必須条件」を満たし、得点の底上げをめざそう!
* 正確な実施バランス(必須BD)の取りこぼしをなくそう!
* カウントされる明確なステップ(S)を身につける!
* 確実に点数を稼げる基本的な連係(C)を完璧にしよう!
・・・など全11項目

*コラム 「団体の練習ばかりでかわいそう」は、本当か?

 

☆part3 実施減点を減らして、得点力をアップ!
* 実施点(E)を左右する「芸術的欠点」とは何かを理解する
* 芸術的評価につながる音楽の選び方を心得よう!
* 起こりがちな「技術的欠点」(手具)を減らしていこう!
・・・など全5項目
*コラム 団体選手は女優であれ

 

☆part4 団体演技の要「投げ受け」完全マスター!
* 「落下」は命取り!正確な実施をめざそう~ボールの投げ受け~
* 力強い操作で大きなミスを防ごう!~リボンの投げ受け~
* 投げ受けのミスを上手にカバーするテクニックを身につけよう!
・・・など全6項目
*コラム 「控え選手」がチームを強くする

 

☆part5 団体の競技力の磨き方を強豪チームに学ぼう!
* 日常の練習スケジュールの組み方を日本女子体育大学に学ぶ
* 日常と年間の練習スケジュールの組み方を高松学園伊那西高校に学ぶ
* 昭和学院中学の年間スケジュールの組み方に学ぶ
・・・など全8項目
*コラム 親バカからサポーターへ。団体が親も成長させる。

 

☆part6 団体だからできる「表現する楽しさ」が、演技の質を上げる
* 「重厚で力強い雰囲気」を表現する演技の見せ方を工夫する
* 5人の動きと表現による物語の紡ぎ方1 日女体大2018フープ
* 5人の動きと表現による物語の紡ぎ方2 日女体大2018フープ&ボール
・・・など全4項目
*コラム アンサンブル(複合手具)の面白さ

 

☆part7 団体演技に生きるトレーニングを取り入れる
* 団体女王・日女体大の基礎トレーニングを学び、参考にしよう!
* ミスにも難なく対処できる判断力、瞬発力を鍛える
* 同調性を高めるためのトレーニングを取り入れよう
・・・など全4項目
*コラム 「夢をあきらめないで」

 

☆part8 団体ならではのチームワークの育て方を知ろう!
* チームの一体感を高めるための工夫をしよう!
* 「練習への取り組み方」に差があるときの意見調整の仕方を考える
* 「団体だからこそ」の面白さや喜びを見つけよう!
・・・など全5項目
*コラム 「AGG」というもう一つの団体競技

 

石﨑朔子
日本女子体育大学学長。
日本体力医学会、日本体育学会、日本臨床スポーツ医学会、日本栄養改善学会に所属。
日本体操協会副会長、日本新体操連盟副会長を務め、国際体操連盟審判員としても活躍。
2006年には国際体操連盟最優秀審判員賞を受賞した。
「新体操選手の手具操作感覚」「ジュニア期の体力トレーニング」などをテーマに数多くの論文を発表している。