私たちは、身近で役に立つ情報をわかりやすく伝える会社です

「令和元年台風19号」により被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
一日も早く復旧されますよう、心よりお祈りしております。

 

部活

部活で差がつく!勝つ弓道 上達のポイント50

11月 7th, 2019 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, ホーム最新刊, 部活 | 部活で差がつく!勝つ弓道 上達のポイント50 はコメントを受け付けていません。

部活で差がつく!勝つ弓道 上達のポイント50

★ 伝統校の名指導者が実践する
レベルアップのコツがよくわかる!

★ 基本の射法八節を完全マスター!

★ 「皆中」を目指すテクニック!

★ 実戦に活きる練習メニュー!

★ 競技会で結果を出すチーム作り!

◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆

弓を通じて得た友人・教え子達は私の人生の宝です。
読者の皆様にも、同じようなめぐりあいが
訪れることを心より願っています。

弓の歴史は後期旧石器時代(1~2万年前)とされ、
人間が野獣状態をのりこえた最大の要因は
火と弓の使用であったとされています。
日本でも各地で黒曜石の石鏃(石製のやじり)が
多数出土しています。
このように武器として発明された弓は、
やがて近代スポーツとして登場しました。

弓は物理的鍛錬と精神的修練の融合した、
より高い人間形成を目指してはじめて
上達するスポーツであり、的と自己との対決の中に
中(あた)りとはずれがあります。
その背後には、射手の心が反映します。
的に向かい合うことは
自分の心と向かい合うことであります。
武士は自分に克つ強靭な精神力、
人格の陶冶の道を武道によって培ったのでした。
江戸時代、そういった意味で
武芸十八般の中の筆頭に弓術があったのです。

こうした武道の心と明るく楽しい近代的なスポーツ性が
融合しているのが現代の弓道ではないでしょうか。

そして、激しい運動ではないので性別を問わず、
生涯スポーツとして最適なのです。

私は生徒が澄んだ目で、
真剣に的を狙う姿が素晴らしいと思っています。
このような生徒が一人でも多く育つことは、
今後の日本をよりよくすることにも
つながると思っております。

礼に始まり、礼に終わる、そんな心が
今や大切となっている現代ではないでしょうか。
クラブ活動はそんな意味でも
大きな意義があると信じております。

本書が弓の上達はもとより、
弓の楽しさを増す一助となれば
これに勝る喜びはありません。

高栁憲昭

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆

☆PART1
弓道を楽しむために

* POINT01
部員が協力し合い運営する
* POINT02
一年間を通して練習や試合、合宿や行事が行われる
* POINT03
道場はマナーを守り、礼儀正しく使用する
・・・など全10項目

☆PART2
新入生のための弓道入門

* POINT11
行射の基本動作となる射法八節を知る
* POINT12
弓と矢を持たず射法八節を覚える
* POINT13
ゴム弓で行射の感覚を身につける
・・・など全10項目

☆PART3
レベルアップするための射法八節

* POINT21
足踏みで弓を引く土台をつくる
* POINT22
体を安定させ呼吸と体勢を整える
* POINT23
弦に右手をかける取懸けを習得する
・・・など全12項目

☆PART4
部を強くするための取り組み

* POINT33
技術向上できる練習法を取り入れる
* POINT34
集団生活でチームの親睦を深める
* POINT35
肩や背中、腕まわりの筋肉を向上させる
・・・など全5項目
*コラム 主将の役を終えるにあたって

☆PART5 弓道を上達したい!
生徒からの質問状

* POINT38
道具選びの目安を知る
* POINT39
的中のよい行射を選ぶ
* POINT40
本場に強い気持ちを養う
・・・など全4項目

☆PART6
試合を知る

* POINT42
競技会に参加する
* POINT43
礼射系と武射系の動作の違いを知る
* POINT44
行射作法の手順を知る

◆◇◆ 監修者プロフィール ◆◇◆

高栁 憲昭
慶應義塾中等部 弓術部師範
東京教育大学卒業。大学3年時に弓道部を設立、
小沼英治範士、亀岡武範士、大牧谷治範士、
安沢平次郎範士、安藤清兵衛師範らの指導を受ける。
4年時にアーチェリーを始め、
その後全日本アーチェリー連盟役員、
また世界大会およびモントリオール五輪で
アーチェリー日本選手団監督を務め、
メダリストを育成。
銀メダル監督としてスポーツ功労賞を受賞。
1960年から慶応中等部教諭として勤務の傍ら、
弓術部部長として45年間に
延べ800人以上の部員を指導。
2004年の全国中学生弓道大会において男子団体3位、
女子団体準優勝、個人女子4位。
2005年は男子団体3位、女子団体準優勝。
2006年は女子団体優勝、個人女子準優勝。
2010年は男子団体優勝、女子団体3位に導く。
現在も中高の弓術部を指導している。
東京都中学校弓道連盟会長、関東中学校弓道連盟会長、
慶応義塾中等部弓術部師範。
弓道5段、アーチェリー9段・師範。
1994年に文部大臣表彰、
1998年に藍緩褒章受賞。
モンゴルのアーチェリー選手の指導育成及び子供たちの弓指導、
モンゴル弓との交流等の功績により、
モンゴル政府よりスポーツ名誉勲章を贈られる。
2014年、旭日双光章を授与される。

※ 本書は2012年発行の
「部活で大活躍できる!弓道 最強のポイント50」
を元に加筆・修正を行った新版です。

部活でレベルアップ!合唱 上達のポイント50

4月 30th, 2019 Posted in その他, コツがわかる本, シリーズで探す, 趣味・実用 | 部活でレベルアップ!合唱 上達のポイント50 はコメントを受け付けていません。

部活でレベルアップ!合唱 上達のポイント50

★ クラスが、メンバーが、ひとつになって

★ 本番で力を発揮するための秘訣や
今すぐ実践できる効果的な練習法がわかる!

▶ 美しいハーモニーの基本となる姿勢や発声
▶ パート間の調和
▶ 聴く人の心に歌のメッセージを伝えるための表現力

★ 大会審査や講習会で活躍する指導者が
実力アップのポイントを徹底解説!

◇ ◆ ◇ はじめに ◇ ◆ ◇

私は子供の頃から歌と音楽に囲まれて育ち、
中学校の教員として合唱指導に携わってきました。
私にとっていちばん幸せなのは
合唱を指導している時で、
今でも生徒たちと一緒に音楽を作り上げていくのは
最大の喜びです。

私は合唱の魅力は、
ひとりひとりが力を合わせ、
心を合わせて全員でひとつのものを
作り上げていくプロセスにあると思っています。
パートごとに音取りやパート練習を重ね、
それぞれが自分の役割をはたしながら
ひとつの目標に向かって進んで行く時、
さまざまな経験を通じて
私たちは合唱という素晴らしい宝物を
手にすることができるのです。

どんなものごとでも、
最初からうまくできるということはありません。
合唱の場合なら、
腹式呼吸、発声、発音、歌詞の意味…など、
ひとつひとつの基礎をおろそかにせず、
こつこつと練習を続けることが
上達の第一歩です。
練習というのは決して楽しいことばかりではありませんが、
つらい時や苦しい時に仲間同士で
支え合うことでチームワークが生まれ、
そのチームワークが心の結びつきとなって
素晴らしい歌声となるのです。

合唱とは、声という楽器だけで
作り上げることができる最高のアンサンブルです。
心と声をひとつに合わせて、
今この瞬間の自分たちにしかだせない
最高の響きを求めて
練習を続けていってください。
私は合唱を愛するそんなもなさんを
心から応援しています。

渡瀬昌治(わたせまさはる) 合唱指導者

☆ 第1章
今すぐステップアップ!
これだけ練習すれば合唱は上手くなる

◎ コツ01
パート練習を大切にしよう
◎ コツ02
自主練習でさらに上達しよう
◎ コツ03
曲のイメージをふらませて歌おう
・・・全7項目

☆ 第2章
ハーモニーの役割を知っておこう

◎ コツ08
各パートの役割や特徴を生かして歌おう
◎ コツ09
各パートの声をよく聴いて歌おう
◎ コツ10
強弱やニュアンスにも気をつけて歌おう
・・・全6項目

☆ 第3章
表現力を学ぼう

◎ コツ14
歌詞を通じて曲のイメージをつかもう
◎ コツ15
歌詞のニュアンスを生かす表現を工夫しよう
◎ コツ16
日本語の特徴を意識して歌おう
・・・全8項目

☆ 第4章
歌うための体を作ろう

◎ コツ22
声が出る仕組みを知っておこう
◎ コツ23
正しい姿勢をキープして歌おう
◎ コツ24
腹式呼吸と胸式呼吸の違いを知っておこう
・・・全5項目

☆ 第5章
発声練習で美しい声を作ろう

◎ コツ27
あくびの声で発声してみよう
◎ コツ28
声があたるツボを見つけよう
◎ コツ29
口の中を広く開けて声を響かせよう
・・・全14項目

☆ 第6章
楽譜を読む力をつけよう

◎ コツ41
楽譜に書かれた内容を理解して練習しよう
◎ コツ42
さまざまな表現記号を生かして音楽を作ろう
◎ コツ43
練習方法を工夫して完成度を上げよう

☆ 第7章
練習の成果をステージで披露しよう

◎ コツ44
本番までのコンデイションに気を配ろう
◎ コツ45
ステージに上がる前にここをチェック!
◎ コツ46
ステージマナーにも気を配ろう
・・・全7項目

☆ コラム1
指揮者の役割とは?
☆ コラム2
式の基本を覚えよう
☆ コラム3
強弱の指揮の見かた
☆ コラム4
曲想を支持する指揮の見かた
☆ コラム5
拍を分ける指揮、省く指揮の見かた
☆ コラム6
指揮者の表現によって音楽は変わる!

☆合唱 Q&A1☆合唱 Q&A2☆合唱 Q&A3

※ 本書は、2013年に発行した
『部活でもっとステップアップ 合唱のコツ50 楽しみながらうまくなる!』を元に
加筆・修正を加えたものです。

部活で差がつく!勝つテニス 最強のポイント50

4月 27th, 2019 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で差がつく!勝つテニス 最強のポイント50 はコメントを受け付けていません。

部活で差がつく!勝つテニス 最強のポイント50

 

★ 全国トップクラスの強豪校が実践する
上達のコツがよくわかる!

 

★ 基本技術を完全マスター!

 

★ ポイントを確実に獲るテクニック!

 

★ 実戦に活きる練習メニュー!

 

★ 大会で成果を出すチーム作り!

 

 

◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆ 

 

錦織選手の世界的な活躍で、
テニスが注目を集めています。
これまでも人気スポーツのひとつとして、
多くの中高生が部活動にテニスを選び、
レベルアップを目指して練習に取り組んできました。

 

しかし、ただ練習メニューをこなしているだけでは、
試合で勝てる選手になれません。
自分のプレーを分析して特徴をつかみ、
短所を克服しながら長所を伸ばしていくことが必要で、
自分自身で考えることが成長につながります。

 

ただ強い選手を育成するのではなく、
社会に出て多方面で活躍できる人材を育成するのが、
部活動のもっとも大きなテーマです。
指導者と選手、先輩・後輩の人間関係など、
多く学ぶことが部活動にはあるのです。

 

テニスをはじめてプレーする1年生は、
まず基本技術をマスターする必要があります。
ストロークやボレー、サービス、
リターンなどをイメージ通りに行えなければ、
作戦や戦術を遂行することができません。

 

基本技術を身につけることができたら、
実戦的な練習で勝利するためのテクニックを
マスターしてください。
ラリーやサービス&リターンなど、
さまざまなシチュエーションの練習法に取り組めば、
試合での強い武器になります。

 

さらにレベルアップを目指すならば、
ラケットを使わない練習にも力を入れなくてはいけません。
テニスに必要な筋肉をトレーニングすれば、
体力が充実して技術をより発揮できるようになるのです。

 

この本は、基本姿勢や正しいフォームを
写真を使ってわかりやすく紹介しているので、
じっくり読みこんで身につけてください。
また部活動を充実させるためのページも
設けてありますので、参考にしてください。
楽しみながら努力し、
大会で好成績を残しましょう。

 

東海大菅生高等学校
硬式テニス部監督
矢崎 篤

 

 

◆◇◆ 本書について ◆◇◆ 

 

この本には、硬式テニスの部活で活躍するための
ポイントが50紹介されています。
ストロークやサービスといった個人テクニックから、
ネットプレーやフォーメーションといった戦術的なテクニック、
さらに部のなかで自分がどのような役割を担うかなど、
部活動を充実させるための知識がひと通り網羅されています。

 

最初から読んでいってもいいですし、
自分が苦手とする項目や興味があるページがあれば、
そこだけピックアップし、
チェックすることも可能です。
各ページには、紹介しているテクニックを
習得するためのコツがあげられています。
みなさんの理解を深めるための助けにしてください。

 

さらにこの本では、
テクニックをより高めるために強豪校が実践している
練習法や筋力トレーニング、
部の運営方法などを紹介しています。
トッププレイヤーになるために、
あらゆる面でレベルアップを目指し、頑張りましょう。

 

 

◆◇◆ 主な目次 ◆◇◆ 

 

☆ PART1
硬式テニス部の活動

* POINT01
社会に出て活躍できる人をつくる
* POINT02
それぞれが役割を担う
* POINT03
自分の実力に合った試合に出る。
・・・など4項目

 

☆ PART2
新入部員のための上達ドリル

* POINT05
自分にあったフォームを身につける
* POINT+α
片足に軸を置いてストロークする
* POINT06
肩とヒジ、手でボレーを打ち分ける
・・・など全13項目

 

☆ PART3
試合に勝つためのサーブ&レシーブ

* POINT15
相手を上まわりゲームを制する
* POINT16
後ろ脚を蹴って勢いをつける
* POINT17
トスは右斜めにあげて降りおろす
・・・など全7項目
*コラム シューズの選び方

 

☆ PART4
ポイントを獲るためのテクニック

* POINT22
3つのプレースタイルから選択する
* POINT23
手首を固定してインパクトする
* POINT24
肩を入れてテイクバックする
・・・など全8項目

 

☆ PART5
強豪校の練習メニュー

* POINT30
基礎から実戦まで幅広く練習する
* POINT31
クロスに正確なボールを打つ
* POINT33
ラリー練習でスタミナをつける
・・・など全12項目

 

☆ PART6
大会で勝てるチームづくり

* POINT40
客観的に物事をとらえて雑念を払う
* POINT41
遊び心を持ってテニスに取り組む
* POINT42
目標を立ててモチベーションキープ
・・・など全14項目

 

 

◆◇◆ 監修者プロフィール ◆◇◆ 

 

矢崎 篤
東海大学菅生高等学校テニス部顧問として指導。
同チームはインターハイ出場20回、
全国選抜17回出場。
全日本ジュニアダブルス優勝、
インターハイシングルス及びダブルス準優勝、
全国選抜準優勝2回という実績を残す。
2005年より東京国体少年男子監督として、
優勝、準優勝、3位、4位を経験。

 

※ 本書は2012年発行の
『部活で大活躍できる! テニス 最強のポイント50』
を元に、加筆・修正を行った新版です。

部活で差がつく! 勝つバドミントン 最強のコツ50

6月 28th, 2017 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で差がつく! 勝つバドミントン 最強のコツ50 はコメントを受け付けていません。

必ず知っておきたい基本的な技術や練習法を、2015・2016年ジュニアナショナルチームの監督がわかりやすく解説。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で差がつく! 勝つバドミントン 最強のコツ50

部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50

6月 6th, 2017 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50 はコメントを受け付けていません。

中学生・高校生に向けてハンドボールが上達するコツを紹介。対象年齢にあわせた身体作りなどを盛り込んだ1冊。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で差がつく!勝つハンドボール 最強のコツ50

部活で差がつく!ソフトテニス 必勝のコツ

3月 27th, 2016 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で差がつく!ソフトテニス 必勝のコツ はコメントを受け付けていません。

中学・高校のソフトテニスプレイヤーに向けた部活で活躍できるためのコツを紹介。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で差がつく!ソフトテニス 必勝のコツ

部活で大活躍できる!野球 最強のポイント60

3月 20th, 2013 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で大活躍できる!野球 最強のポイント60 はコメントを受け付けていません。

強豪校に学ぶ「野球部員」が知っておきたいポイントがいっぱい!勝つための練習方法から試合中のアクシデントの対応法まで盛り沢山です!

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で大活躍できる!野球 最強のポイント60

部活で大活躍できる ! 陸上 最強のポイント50

2月 22nd, 2012 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で大活躍できる ! 陸上 最強のポイント50 はコメントを受け付けていません。

陸上をする上で、必ず知っておきたい基本的な技術や練習法を、強豪校の監督がわかりやすく解説します。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で大活躍できる ! 陸上 最強のポイント50

部活で大活躍できる ! サッカー 最強のポイント50

6月 20th, 2011 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で大活躍できる ! サッカー 最強のポイント50 はコメントを受け付けていません。

サッカーをする上で、必ず知っておきたい基本的な技術や練習法を、元日本代表選手がわかりやすく解説します。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で大活躍できる ! サッカー 最強のポイント50

部活で大活躍できる ! 水泳 最強のポイント50

6月 20th, 2011 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で大活躍できる ! 水泳 最強のポイント50 はコメントを受け付けていません。

水泳をする上で、必ず知っておきたい基本的な技術や練習法を、
オリンピックメダリストがわかりやすく解説します。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で大活躍できる ! 水泳 最強のポイント50

部活で大活躍できる !! 勝つ ! バレーボール 最強のポイント50

5月 22nd, 2011 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で大活躍できる !! 勝つ ! バレーボール 最強のポイント50 はコメントを受け付けていません。

バレーボールをする上で、必ず知っておきたい基本的な技術や練習法を、強豪校の監督がわかりやすく解説します。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で大活躍できる !! 勝つ ! バレーボール 最強のポイント50

部活で大活躍できる !! 勝つ ! 柔道 最強のポイント60

5月 22nd, 2011 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で大活躍できる !! 勝つ ! 柔道 最強のポイント60 はコメントを受け付けていません。

柔道をする上で、必ず知っておきたい基本的な技術や練習法を、強豪校の監督がわかりやすく解説します。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で大活躍できる !! 勝つ ! 柔道 最強のポイント60

部活で大活躍できる !! 勝つ ! 卓球 最強のポイント50

4月 25th, 2011 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で大活躍できる !! 勝つ ! 卓球 最強のポイント50 はコメントを受け付けていません。

卓球をする上で、必ず知っておきたい基本的な技術や練習法を、強豪校の監督がわかりやすく解説します。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で大活躍できる !! 勝つ ! 卓球 最強のポイント50

部活で大活躍できる !! 勝つ ! 剣道 最強のポイント60

4月 15th, 2011 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で大活躍できる !! 勝つ ! 剣道 最強のポイント60 はコメントを受け付けていません。

剣道をする上で、必ず知っておきたい基本的な技術や練習法を、強豪校の監督がわかりやすく解説します。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で大活躍できる!! 勝つ! 剣道 最強のポイント60

部活で大活躍できる !! 勝つ ! バスケットボール 最強のポイント50

3月 31st, 2011 Posted in コツがわかる本, シリーズで探す, スポーツ, 趣味・実用, 部活 | 部活で大活躍できる !! 勝つ ! バスケットボール 最強のポイント50 はコメントを受け付けていません。

バスケットボールをする上で、必ず知っておきたい基本的な技術や練習法を、強豪校の監督がわかりやすく解説します。

※中身を見る(下の画像をクリックしてください)
部活で大活躍できる !! 勝つ ! バスケットボール 最強のポイント50